議会報告

平成26年度の決算特別委員会のご報告

1 災害時におけるお台場の給水体制について

港区には芝給水所、青山給水所、桂坂シティハイツの給水所があります。
港区地域防災計画では、概ねどの居住地からも、2KMの範囲で、給水所が設けられています。
この概ね2kmというのは、通常ではなく、被害を受けた道路を歩行する場合や、高齢者や子どもの歩行距離の限界が2kmであるという根拠からという事だそうです。
お台場の住民にとって、居住地の2km内には港区の給水所はありません。
防災協議会からも、災害時には備蓄水もあるけれど、お台場は震度5でレインボーブリッジは通行止めになり、安全確認がとれるまで、通行できません。
そのことにより、他の道路の渋滞も予想されます。
しかしながら、台場の隣1.5kmのところには、江東区有明地区となっており、東京都水道局の有明給水所があります。
最終的に自分の足で、水を取りにいけるところがあったほうがよい。

▶そこで、質問しました。

 ・お台場から歩いて行ける、有明給水所で、水をもらえるようにしてほしい。
 ・東京都や江東区と協議し、台場への給水体制を作っていただきたい。

▶防災課長答弁

「台場に隣接する江東区・有明地域に存在する有明給水所は、台場地域から概ね1.5km程度。東京都の給水体制そのものは、区と区の境を越えるものであり、現在、区は東京都及び、江東区と有明給水所の災害時の活用を前提とした協力体制について、協議中。
引き続き、台場地域の今後の給水体制の構築に向け関係機関との連携に取り組む。」
との前向きの答弁をいただきました。

ちなみに現在のお台場給水体制は、お台場学園、台場区民センターの区民避難所及び、デックス東京ビーチの民間借り上げ備蓄倉庫の3ヶ所に備蓄してある保存水と区民避難所に設置されている受水槽を活用し、飲料水の確保する事としていて、ペットボトル保存水と受水槽の飲料水を合わせ、台場地域の避難所における想定避難者数の3日間分以上の飲料水を確保することができます。
飲料水確保はもっともたいせつですが、赤ちゃんのお尻をさっとあらったりするための生活用水の確保も必要です。
これからも、地域のお声をよく伺って、防災に強いまちづくりに取り組んでまいります。

2 成長期の子ども服等は、区民同士が交換するしくみを

港区では現在、各総合支所や台場支所、エコプラザなど9ヶ所の拠点で、古着の回収をしています。
平成26年度は、15,249kgの古着を回収。
どんな古着があるのか?と質問してみたところ、港区は、女性ものが多く、クリーニングされたそのままの衣類やタグが付いたままの新品と思われる、良質なものもあるようです。
そのような古着は、アジア方面に輸出されています。
ゴミや古着は、時代や地域やその暮らしぶりまでもがわかります。
港区の古着は「古着のようで古着でない!?」

▶そこで、質問しました。

成長期の子ども服などは、比較的短期間で着られなくなることから、港区の古着の拠点回収を利用して区民同士が直接交換する仕組みがあると、リサイクルや家計にもメリットがあり地域交流のきっかけになることもある。検討してもらいたい

▶みなとリサイクル清掃事務所長答弁

今年12月に、エコプラザとの共催で、家庭で着れなくなったまだまだ使える子供服と、使用しなくなった子供向けの本を持ち寄って物々交換するイベントを開催予定。それを通して子育て世代の交流と資源を有効活用する意識の醸成を図っていく。
より効果的で広がりを持った事業展開ができるよう検討する。
と、前向きなご答弁をいただくことができました!!
また、「古着回収」というネーミングじゃなくて、もっとわくわくニコニコするような名前にしてアピールしてほしい!とも申し上げました!!
私の子どもが小さかったときは、ほとんど子供服は購入することはありませんでした。
全部知り合いやご近所から回ってきて、着せて頂き、また、近所の子にも回していました。
購入は下着と靴下くらいでいたね。

3 みんなとオレンジカフェ(認知症カフェ)拡充を!台場地域にもつくって

港区でも、高齢者の人数が増加しています。
それに伴い、これからは認知症の数も増えていきます。
予防や早期発見、相談体制がとても大事になってきます。
現在港区では、総合支所管内5地区で、みんなとオレンジカフェを開催しています。
認知症カフェといえば、なんとなくわかっていただけますね。
まわりのご家族も相談することができます。
医療と連携しています。
しかしながら、開催の仕方がちょっと固定的。
気軽に参加できるとなると、歩いていける距離がいい。
中学校区に一つあるのがのぞましい。
台場地域にはない。
台場地域は在宅高齢者サービスセンターがひとつありますが、介護認定を受けている方だけが利用できます。
介護認定を受けるまでもなくて、元気でも高齢者の方が日常的に交流できる場所が必要です。

▶そこで質問しました。

「みんなとオレンジカフェは、歩いて行けるところに増やして!!
お台場にもその機能を有する場所をつくるべし!!」

▶高齢者支援課課長答弁

「地域性も考慮して、バランスよく開催できるよう検討し、内容も充実させる」
「台場地区は、台場高齢者サービスセンターを会場ととして、検討していく」と、前向きなご答弁をいただくことができました。
ちなみにH27年8月1日現在のデータですが、台場地域の65歳以上の方は599人。そのうち介護が必要な方は111人で19.1%です。
約20%となっています。

4 通常学級における介助員について

港区は発達障がい児等が増加傾向です。
他の児童の安全に影響を及ぼす恐れがあるとしてその対応に、小中学級に「介助員」を配置するケースがあります。
2012年12月に文科省初等中等教育局特別支援教育課から
「通常学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する実態調査について」が公表されています。
この調査は、医師や専門家チームによる調査ではなく、学級担任に対してLD,ADHD,高機能自閉症等にみられる学習・行動特徴を顕著に示す児童生徒について判断し、回答をしています。
結果では、学習や行動面で著しく発達障害的特徴示すと判断される児童生徒が全体で6.5%、(小学校7.7% 中学校4.0%)と出ました。
重要な結果です。
たとえば、この全国比率を港区にあてはめたとすると・・・・
今年の4月現在で、614人もの港区の児童生徒が、通常の学校で困難を抱えているということななります。
このすべての児童生徒に安全確保の為の介助員が必要となるわけではないのですが重い事実と感じています。

▶そこで、質問しました。

(A.は学務課帳の答弁)

Q.ここ3年間の配置日数は?
A.平成25、26、27年度は、小学校は2475日分、1730日分、2010日分。中学校は910日分、475日分、510日分増えています。
Q 介助員の考え方は?どういう人がなってくださるのか?
A.学級運営状況や、個々の特性に応じてふさわしい人物選びが必要。
現場に精通した各学校が、よい介助につながる人員を確保することになる。
多動等の為、安全面の管理が必要な生徒児童の見守りや、移動・衣服着脱の補助など、安全確保や介助の為状況に応じて配置する。
Q.今後も介助員配置が、増える可能性があるが、どうやっていくのか?
A.なるべく早い段階で、ニーズを早くできるようにつとめる。
就学児検診などの機会にも、生徒児童状況を見極めて学校との情報共有をはかり、新入学に向けた、適切な介助員の配置を行っていく。

第3回港区議会定例会(9月10日)

代表質問は、公明党議員団を代表して私が登壇させていただきました。

質問項目

  1. 港区の契約に従事する労働者の労働環境確保の取り組みについて
  2. 「地方創生」への港区の取り組みについて
  3. 子どもの貧困について
  4. 子ども・子育て支援事業の推進について
  5. 発達障害児・者とその家族への支援について(ペアレントメンター)
  6. 医療的ケアを必要とする方への支援の方向性について
  7. 障害年金制度の周知について
  8. 道路構造物に関する情報提供の取組みについて
  9. 都営住宅の空き室の理由について
  10. 田町駅西口の駐輪場について
  11. 港区自転車シェアリングについて
  12. 思春期の子どもについて
  13. 国際理解教育と国際化に対応教育の推進について
  14. その他

http://www.minato-city.stream.jfit.co.jp/

区民常任委員会(7月27日)

区民常任委員会が開催されました。

報告事項

  1. (仮称)港区立産業振興センター及び港区立三田図書館の機能要件について

    完成時期は未定ですが、産業振興センターと、三田図書館が一体となった区立の複合型施設が、芝5丁目にできる予定です。
    これから港区にとって、期待大!です。

  2. 赤坂地域における幼・小中一貫教育について

    平成33年度開設予定で、施設一体型の幼・小・中一貫教育となる予定です。

  3. 芝浦アイランドこども園の保育所型認定こども園への移行について

    来年4月から「芝浦アイランドこども園」が区立の保育所型認定こども園へ移行します。

以上3件について、報告を受けました。
港区はこれからも、人口増の予測、年少世代も増えて行きます。
区民のニーズにそった区有施設を、これからも推進してまいります。

区民文教委員会(6月12日)

本日は区民文教委員会が開催されました。
下記事項について、進行をさせていただきました。
来週からは第2回定例会となります。
日頃の区民相談の課題解決やご要望をもとに、しっかり取り組んでまいります。

報告事項

  1. 平成27年第2回港区議会定例会提出予定案件について
  2. 各種証明書のコンビニ交付の導入状況と証明書自動交付機の廃止・撤去について
  3. 中小企業の景況について
  4. 収集作業中の自動車事故の概要について
  5. 平成27年度学級編制等について
  6. 南青山四丁目用地の暫定活用整備の変更について
  7. 赤坂小学校児童数増加への対応及び赤坂中学校等施設整備の方向性について

審議事項

  1. 区長報告第2号 専決処分について(港区特別区税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例)
  2. 区民生活事業・教育行政の調査について

詳細は港区議会ホームページをご覧ください。

平成27年度予算特別委員会・質問(3月11日)

総務費

●避難所の女性専用トイレについて

 消耗品であるビニールの便収納袋は足りているのか? また、それは白いビニール袋であるが、地域防災協議会の女性メンバーから、白色ではなく、黒っぽい色にしてほしい、とういう要望があるがどうか?

●みなとパーク芝浦の駐車場料金の運用について

 1時間までは無料だが、その後は30分毎に300円が加算されます。スポーツセンターでプール利用などをすると、3時間は駐車しそうですね。そうなると、1200円の駐車場料金は、年金生活でプールに行くのを楽しみにしてる人たちにとっては、負担がおおきいとのご要望をいただきました。

民生費

●認知症早期発見推進事業について

▼認知症チェッカーの導入について
 港区は現在アウトリーチ型の発見推進事業を行っていますが、今後の高齢者数増加の推移をみると、もっと裾野を広げて早期発見に取り組む必要があると思います。相談窓口に至らない人へのアプローチをいかにやりやすくするかが、早期発見のポイントだと思います。

土木費

●お台場レインボーバスについて

 今年の春で運行から3年が経過。しかしながら目標の収支率100%に至っておらずこのままでは、続行が危ぶまれます。現在は、スイカ、パスモが使えません。システム導入にも多額の費用と、審査に1年もかかるとのことですが、お台場住民はレインボーバスの安定した運行を希望しています。今後の区の支援をと要望しました。

教育費

●図書資料の予約サービスについて

 現在の、申込書に記入し窓口で申請する、新刊の図書資料の予約・リクエストは、仕事などで営業時間に行けない人には利用が難しいのでインターネットで申し込めるようにして欲しいと要望いたしました。 来年のシステム改修時に検討するとのことでした。

●奨学金の相談業務について

 公明党も推進している奨学金の拡充や新設内容についてや、海外留学支援制度など、相談業務の充実を求めました。

詳細については、港区議会のHPからもインターネットでご覧いただけます。

区民文教委員会(1月21日)

審議事項は港区スポーツ推進計画、港区図書館サービス推進計画、港区子ども読書活動推進計画(素案・平成27年度~32年度)でした。
港区スポーツ推進計画素案は「障害者スポーツの環境整備と意識啓発」について、ドニーパラリンピック車椅子バスケットボール全日本チーム総監督の高橋明先生のご講演を聞かせていただいた感想をご紹介しながら質問させていただきました。
「障害者スポーツの観戦機会の創出」、「イベントの実施や試合・大会」の周知や啓発を、広報誌やHPだけでなく、関係者の皆様や子どもたちに出向いてお届けするように、要望をさせていただきました。
港区図書館サービス推進計画では、ご要望をいただいている開館時間・曜日の拡充や港区独自の「滞在型図書館」についてなどを質問。港区子ども読書活動推進計画は、国際理解教育として、学校とも連携しながらCD付き洋書のなどの外国語資料の充実について質問させていただきました。
現状については、オックスフォード リーディングツリーを導入するとのご答弁をいただきました。

区民文教委員会(1月16日)

おもに27年度から32年度までの港区学校教育推進計画と生涯学習推進計画の素案について審議しました。
港区の学校教育の特性は、文科省教育過程特例校の指定を受け、「小学校の国際科」「中学校の英語科国際」全国の自治体の先駆けとなった土曜授業、幼児期から小中義務教育9年間の一貫教育に取り組んでいることです。公教育は最重要です。多岐にわたって議論がされました。

区民文教委員会(12月24日)

報告事項として、「幼稚園保護者への寡婦(寡夫)控除のみなし適用について」がありました。
平成27年度より、区立幼稚園の保育料及び私立幼稚園就園奨励費補助金については、婚姻歴のないひとり親世帯であって児童扶養手当の受給者の場合、寡婦(寡夫)控除の適用があるとみなして算定した区民税所得割課税額を、保育料及び補助金の階層区分の判定に用いることとなりました。これにより、階層区分が変更になる場合は、区立幼稚園の保育料が減額、あるいは私立幼稚園就園奨励費補助金が増額となります。
つまり、婚姻歴ないひとり親世帯でも、子どもにかかわるサービスにおいては、費用負担の面からも、寡婦(寡夫)と同等の扱いとします。
現在23区で実施している区は、千代田、新宿、文京、台東、墨田、豊島、荒川、葛飾の8区です。

区民文教委員会(11月5日)

平成27年度から32年度までの6ヶ年の港区の基本計画・実施計画(素案)の全体像についての報告を受けました。
その背景は、平成33年1月1日現在の想定人口は約27万人(現在は約24万人)、毎年5千人程度の増加が見込まれます。財政収支の見通しは、6年間の総額で、特別区民税収入の合計で、約3,690億円、単年度では約600億円前後で推移すると想定されます。
計画期間全体では、約7,105億円となります。
これらの税収入をどのように区民サービスや活性化につなげて、実効力のある政策をしていくのか。区民の皆様のご意見が反映できるように取り組んでまいります。

区民文教常任委員会(10月29日)

区民文教常任委員会にて報告事項がありました。
その一つに「港区いじめ防止基本方針の策定」があり、具体的な取組みについて報告を受けました。
平成25年6月に国の法律「いじめ防止対策推進法」が策定され第12条には地方公共団体においても、地域の実情に応じていわゆる地方いじめ防止基本方針を定めるよう努力規定が盛り込まれました。
各機関との連携をより強化していくために、港区いじめ問題対策連絡協議会、港区教育委員会いじめ問題対策委員会港区いじめ問題調査会の3つを設置します。

港区では、すでにいじめ防止対策など取り組んできていますが、十分足りてるわけではありません。さらに、いじめの未然防止や早期発見・解決に具体的に取り組んでいく必要があります。
この報告の組織体制は、全体的に法にもとづいていますが、もっと子どもの側に立った、具体性のある取組みが必要。先生方の指導の下に、児童・生徒たちの主体的な委員会組織として、給食委員会や保健委員会や、図書委員会や放送委員会のように「いじめ防止の委員会(仮)」をつくり、その委員会を中心に、加害者・被害者・観衆・傍観者といういじめの四層構造を学んだり、朝のあいさつ運動に、いじめ防止をもっと取り入れたり学校内の風土づくりを、子どもたちが主体的に盛り上げることが必要とのことを、私立他校の例を上げて、提案をさせていただきました。

平成26年 区民文教委員会(9月19日)

私の所属する区民文教常任委員会では2件の請願審査をしました。

  1. 教育費保護者負担額の公私立幼稚園格差解消に関する請願

    《趣旨》教育費保護者負担額の公私立幼稚園格差解消のため、補助金のさらなる増額をお願いします。

  2. 「港区環境美化の推進及び喫煙による迷惑の防止に関する条例」に関する請願

    《趣旨》7月1日から施行された「港区環境美化の推進及び喫煙による迷惑の防止に関する条例」について、条例の主旨についてしっかり周知をして、齟齬の無い体制を構築してほしい。

いづれも全会派一致で採択されました。

平成26年 東京オリンピック・パラリンピック委員会(9月2日)

以下の案件について討議しました。

今回の委員会では、TOKYOMXテレビの取材も入り、港区議会としても知事への要望書をまとめることに全会一致しました。

平成26年 区民文教委員会(5月28日)

区民文教委員会が開催され、以下について審議されました。

  1. 高輪1丁目用地の活用スケジュールについて

    港区区初の事業用定期借地権による貸付で、港区が認可保育園、小規模多機能居宅介護施設、区民協働スペースを一体的に整備します。平成28年4月に開所予定です。

  2. 港区内の中小企業の景況について

    H26の1月~3月の消費税導入前の景況がでておりますが、卸売業や小売り業については、駆け込み需要の様相はなく、売上、利益共に低迷しています。 不動産業、IT産業、製造業は大きな改善がみられます。

  3. 収集作業中の事故について

平成26年度予算特別委員会・総務費質疑 報告(3月3日)

予算特別委員会の総務費の審議にあたり、以下について質問させていただきました。

  1. デートDVについて
  2. 一般財団法人国際交流協会について
  3. お台場発O・MO・TE・NA・SHI事業について

認知度の低い“デートDV”ですが、高い確率で被害が出ています。国際交流協会については、大幅な予算増となる理由について。東京オリンピック・パラリンピックを視野にいれての事業については、地域ぐるみの取り組みにするための働きかけについてなど約25分間の質問をさせていただきました。

平成26年 第1回定例会 一般質問(2月21日)

定例会の二日目の一般質問にて、以下の内容で質問させていただきました。

  1. お台場の新たな取り組みについて

    (1)「おもてなし」の心の醸成について
    (2)泳げる海の実現に向けた水質調査について
    (3)その他

  2. 環状2号線周辺地区街づくりについて
  3. 高齢者の就労のあり方について

    (1)職域拡大や就業機会創出への支援について
    (2)その他

  4. 小・中学校の土曜授業について

    (1)学習効果の評価について
    (2)今後の取り組みについて
    (3)その他

  5. その他

詳細

平成26年 区民文教常任委員会 報告(2月10日)

区民文教委員会にて下記の項目について審議されました。

  1. 第1回定例会の提出案件について
  2. 新橋及び芝公園区民協働スペースについて
  3. 平成26年度組織改正について
  4. 一般社団法人港区交際交流協会への支援について
  5. 中小企業の景況について
  6. 港区商工会館の代替施設について
  7. 港区教育ビジョン策定方針にいて
  8. 港区図書館基本計画の改訂に伴うアンケートの実施について

平成26年 1月27日 港区議会区民文教常任委員会報告

区民文教常任委員会での審議事項の報告です。

  1. 田町駅東口北地区公共公益施設の工期延長に伴う総合支所等の開設時期の変更について
    • 異業種企業体で請負契約している工事が諸般の事情で工期が4ケ月延長となり開設が今年の7月から12月になりました。
  2. 港区民協働ガイドラインについて
    • 港区の取り組み総合支所を中心とした「参画」と「協働」をより推進し地域の課題解決と活性化などするために「ガイドライン」を策定します。
    • 地域座談会を開催し、アンケート活用などまとめた報告がありました。
      目標をしっかり掲げ、課題を明確に提示していくことができました。
  3. 収集作業中の自動車事故の概要について