2017年の活動

写真はクリックすると拡大されます。

12月22日 指定喫煙所が改善がされたので現地確認をしました。

2017 2017 2017 2017

受動喫煙対策が急がれていますが、最近、お台場海浜公園もいくつかの指定喫煙所が設置されています。
その一つ、お台場海浜公園入口に設置されてからは、人の動線も変わったりしています。
散策中や自宅に戻る前に、公園でいっぷくする方が結構いらっしゃるようで、「指定喫煙場所に行くまでの階段がくらいので、足元が不安危険!!明るくしてほしい!!」とご要望をいただいておりました。
役所を通じて公園管理者に要望を出させていただきました。
昨日、改善がされましたので、現地確認をさせていただきました。
電線類が地中化されており、2020オリパラ大会会場になる予定もあるので、次の改善策を施しました。
💎3灯の方向性を180度変えて、階段からの動線を照らせるようにした。
💎支障枝となる松の木3本を基本剪定した。

12月20日 ご要望をお届けしました。

2017 2017

公明党文部科学部会長の浮島衆議院議員にAED財団の皆様(京都大学教授:石見拓先生、東京慈恵会医科大学主任教授:武田聡先生、事務局長:阿部泰裕様)のご要望をお届けすることができました。
国レベルでの救命教育の必要性、地方議員の取り組みなど、意見交換をさせて頂きました。AED財団メッセージソング「君の瞳」を歌う青木まり子様、文部科学大臣政務官の新妻参議院議員も同席してくださいました。大変にありがとうございました。

12月12日 銀座線の青山一丁目駅にホームドアが実現!

2017 2017

昨年青山1丁目駅で発生した視覚障がい者がホームから転落、死亡した事故を受け、公共交通機関のホームの安全点検の実施と、二度と事故がおきないよう関係機関に申し入れする様、武井区長に要望致しました。
そしてこの度ホームドアの設置工事が完了し、12月2日から稼働している、という事で公明党港区議団で視察をさせていただきました。
安全対策が大きく前進しました。

12月6日 食べきり強化月間プレイベント

2017 2017 2017 2017

議会終了後、新橋SL広場で行われた港区の食べ切月間のプレイベントに近藤区議と丸山区議の3人で行かせていただきました。
これから年明けにかけてのパーティーや宴会、そして卒業や入学、歓送迎会などが行われます。
そんな時、まだ食べられるものを余らせないよう「30・10運動」を推進して、食べきって行こうとの呼びかけが行われました。
「30・10運動」とは、宴会などの最初の30分は「味わいタイム」として、最終10分前は「食べ切タイム」とし、残さず食べきろうという運動です。
幹事の皆様!お声掛けをよろしくお願いします。
港区議会公明党は、食品ロス削減に向けて、様々な取組みを推進してきました。
このイベントもその一つで、啓発品と啓発チラシが道行く人々にも配布されました。
ステージでは港区のリデュースキャラクター断辞郎、調理師免許をお持ちのドケチレシピ考案のにしおかすみこさん、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会会長の崎田裕子氏の楽しいトークショーなどで盛り上げていただきました。

12月4日 建設常任委員会視察

2017

本日午後、今議会にかかる建設常任委員会で審議する、赤坂9丁目の新しい特別区路線や白金台駅自転車駐車場を視察しました。
いずれも工事中ですが、今日の視察を踏まえて明日審議をさせて頂きます。

12月1日 議会3日目 全議員対象の学習会

2017

今日の議会は調査日でした。来週からの建設常任委員会の議案審議の準備などをしました。 また、午前中は全議員対象の「インターネット映像配信・会議録検索システムの更新に関する学習会」が開催されました。
現在スマホでは港区議会のインターネット中継は見ることができません。画面もスマホ対応になっていなかったりします。また、会議録検索も使い勝手がいまいちという事で、学習会を開催しシステムの更新などのお話を伺いました。
より便利に、さらに開かれた議会へ取り組んでまいります。

11月29日 「オリンピック・パラリンピック」開幕1000日前イベント

2017 2017 2017

今日の本会議終了後、新橋SL広場にて「オリンピック・パラリンピック」開幕1000日前イベントが行われました。
地元企業の富士通(株)と読売新聞社が提携し、「港区デジタルサイネージ除幕式」が行われ、そのサイネージでライブ中継した「東京タワー点灯式」です。
デジタルサイネージは災害時にも情報発信をします。多くの帰宅困難者が予想される地域でもありますので、もしもの時は心強いです。災害時の情報発信についてのデジタルサイネージ活用については港区議会公明党が度々質問をして推進をさせていただきました。

11月28日 2017 あじさいクラブ芸能大会

2017 2017

あじさいクラブ(港区老人クラブ連合会)芸能大会に行きました。
明日から議会になるため、開会式のご挨拶だけしか参加できず、歌や踊りを鑑賞することができなくて、とても残念でした。
でも、皆様の素敵な笑顔を拝見させていただくことができました。
いついつまでも、生きがいをもって、その方らしく人生を全うしていただけますよう、健康を心からお祈り申し上げます。

11月27日 「水陸両用バス」グランドオープン記念式典

2017 2017 2017 2017 2017

午前中はお台場海浜公園スロープ「水陸両用バス」グランドオープン記念式典&試乗会に参加をさせて頂きました。
「TOKYO NO KABA」グランドオープン記念式典ではご来賓によるテープカットと花束贈呈が行われました。

11月15日 産業交流展を視察しました。

2017

公明党区議団で、ビックサイトで開催中の東京都主催の産業交流展の視察をさせて頂きました。
港区の中小企業支援事業の一つで、販路拡大を目的に国内の産業見本市や展示会に出展する場合、ブース代やパンフの印刷代など、1社につき、最大15万円まで補助金を交付して中小企業を支援していいます。今回出の31の企業を、企業診断士の方のご案内で回りました。出展料の補助金支援だけでなく、この企業診断士さんが、企業間のマッチングのお手伝いをしてくださり、たくさんの情報をお持ちであると感じました。
中小企業が、全国を回って、営業されることは時間も経費もかかりますが、このように展示会で、自社の製品をまず知って頂き、企業間の交流が図れることは、効率が良いです。現実に契約に結び付いています。毎回の港区内の中小企業の景況調査報告を見ても、最も望まれていることが「販路拡大」です。また、港区のものづくり技術、IT系の第6次産業も、かなり新しい開発がされて、スピード感を持って、私たちの生活がこれから大きく変わっていくのだと実感しました。

11月12日 医療・福祉従事者のための発達障害臨床セミナー

2017 2017

「国立障害者リハビリテーションセンター企画・情報部 発達障害情報・支援センター」主催の医療・福祉従事者のための発達障害臨床セミナーに参加をさせていただきました。
お題は「女性の発達障害~隠れた困難さに気づき、寄り添う支援へ~」です。
専門的な従事者が対象ということで、私には、大変にレベルの高い専門分野の内容でしたが3人の子育てが一段落?し、一番下の娘がちょうど20才になったので、子育て経験のある母親としての視点で、また、私自身女性として生まれ、生きてきたさまざまな出来事を思いめぐらせながら、講演を伺い、大変に理解が深まりました。
神経発達障害が、男性優位な有病率であったっために女性の発達障害が隠れている。
男性基準の診断基準がつくられてしまい、それで、女性が計られる。
しかしそれでは、現実の対応において、女性にあてはまらないことがあり、どうしてもこぼれていく。 隠れた困難さになってしまい女性は困ります。
まだまだ女性の発達障害のデータが蓄積されておらず、「女性の発達障害が、新しいテーマで、わかっていない、といことがわかってきた」というのが現状だそうです。
この現実は、ちょっと大変なことかもしれません、しかし、何がわからないかがわかることは大事です。
知ることが大事で、今日はそれを知ることができてよかったです。
まずそこからです。
DVや虐待に対応する専門員、医師からの相談現場での様々なケース、海外での支援内容なども伺いました。
生物学的にも男女が違う性質であることは明らかです。
薬を開発するときに、動物で実験をしますが、たいていオスを使うそうです。
メスは性周期があり、経費がかかったりして、費用対効果も悪くなるので安定しているオスを実験に使うのだそうです。
だから、これからは、性差の科学的エビデンスを集めて、世の中をよくしていこうという動きが始まっています。
主催の「発達障害情報・支援センター」は、情報の地域格差がなるべくなくなるよう、まんべなくゆきわたるように支援していくことが使命!との説明を伺いました。
今後さらに情報を集め、調査を重ね、港区においても女性の発達障害に寄り添う支援につなげていけるように、取り組んでまいります。

11月12日 総合防災訓練

2017 2017 2017

衆議院選挙で延期になった麻布地区の総合防災訓練に参加させて頂きました。
ですので、日曜日朝のお台場海浜公園のお掃除はお休みさせて頂きました。

11月5日 2017三田地区まちぐるみ運動会

2017 2017

港区立三田中学校で開催された三田地区の「まちぐるみ大運動会」にお招き頂きました。
会場は娘の母校で懐かしく、当時PTA活動をご一緒にやらせていただいたママ友にも再開しました。
本当にお変わりなくうれしかったです。
月日の経つのは本当に早いもので、その娘たちの代も、いよいよ成人式です。
私は「青チーム」に入れて頂き、「大玉ころがし」に出場させていただきました。
用事があって、午前の部で失礼させていただきましたが、他に玉入れや、パン食い競争、リレーなど多くの競技があり、とても楽しく充実しています。
43回目の開催ということで、さすが、歴史のある三田地区です。
地域の多くの役員の皆様のおかげで、継続しているのだとつくづく感じました。本当にいつもありがとうございます。
これからの時代、このような地域のつながり、親睦や交流が本当に大切です。

11月4日 「アサリによる環境学習会」を視察

2017 2017 2017 2017

お台場海浜公園で開催された「アサリによる環境学習会」を視察しました。
昨年から引き続きの港区事業で2回目です。
クラムマット(アサリを着生させるための袋網)を制作しました。
稚貝がこれらのクラムマットに着床し、安定して成長します。
アサリは海水をきれいにしてくれます。
毎回、アサリの環境学習やお台場海苔づくりなど、ご指導いただく森田先生から研究過程や工夫についての取り組みなど様々なお話を伺うことができました。
のびのびとアサリが大きくなることを楽しみにしています。

11月2日 平成30年度予算要望書を提出しました。

2017 2017

港区議団公明党は、安全安心なまちづくり、子育て支援や高齢者や障がい者の支援、住宅施策、多様性を認める社会実現、人権、教育、健康づくりなど、日頃の区民の皆様からのご要望やご提案など192項目にわたる予算要望書を区長に提出いたしました。

11月1日 10月26日・27日に建設常任委員会の行政視察をしました。

10月26日・27日の日程で建設常任委員会の行政視察に行かせていただきました。

1日目 金沢市の無電柱化整備事業について

2017 2017 2017 2017 2017 2017 2017

1日目は金沢市の「無電電柱化整備事業~金沢らしいまちなみづくり」について調査しました。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「主計町」「東山木町通り」の茶屋街を視察しました。
数々の小説の舞台にもなった女性らしい「浅野川」流れる街並みはとても風情があります。
街の景観に合わせて無電柱化が進んでいます。
金沢市役所にて詳しい説明を受けました。
港区でもわが会派からも議会で無電柱化について、質問をさせて頂いています。
防災減災の面はもちろん、2020東京オリパラを見据えて都も取り組んでいます。

建設常任委員会行政視察・2日目

2017 2017 2017 2017 2017 2017

2日目は神戸市の「バリアフリーまちづくり」などについて視察しました。
港区においても、歩道の2センチの段差解消の要望を多くいただいています。
次は最後の調査場所の名古屋市へ向かいました。
品川駅から名古屋駅へリニアが開業される予定です。
それを踏まえて「世界に冠たるスーパーターミナル・ナゴヤ」として、名古屋駅周辺のまちづくりが進んでいます。
重厚な名古屋市役所前にて記念撮影しました。
2日間の今回の調査・視察を港区政にいかしてまいります。
事務局の皆様も大変にお世話になりました。

10月30日 フラダンスグループの東北被災地支援のお手伝いをしました。

2017 2017 2017 2017 2017

港区の婦人の方が所属するフラダンスグループの東北被災地支援の思いをお届けする為に、微力ながらお手伝いをさせて頂きました。「フラダンス」と言えば福島県いわき市です。私は映画「フラガール」を見て大変感動しました。
港区はいわき市と提携し、被災地に職員を派遣したり、区政70周年事業では、各イベントでいわき市の物産販売や、フラダンスショーをお招きして、盛り上げていただいたり、と交流があります。
このフラダンスグループは、毎年フラダンスでチャリティイベントを開催し、ショーを見てくださった方々がお支払いされたお金を、被災地へ届ける活動を継続して行っています。本年で5回目になりますが、贈呈先を探してほしいとのご要望をいただき、いわき市の議員に相談をしたところ、的確なアドバイスを頂き、「災害公営住宅での交流」をセッティングしてくださり、双方大変に喜んでいただくことができました。
NHKニュースでも放送されたとの事でした。
この会が催されたのは、10月10日で衆院選公示の日だったために、東京を離れることができず、いわき市まで行けなかったのがとても残念でしたが、様子を伺い、皆様の笑顔を拝見し、大切な思いをお届けすることができて本当によかったです。

10月28日 女性のための防災講座

2017 2017

午後からは港区立男女平等参画センターリーブラで開催された「女性のための防災講座」に参加させていただきました。
講師はanan編集部の中島千恵さん。都議会公明党が推進している「東京都の女性の視点の防災ブック」編集・検討委員会のメンバーでもあります。
一昨日anan特別編集「最新版女性のための防災Book」が発売されました。それをテキストとして、「女性のための防災Book〉作りから見えてきた、女性にとって本当に必要な備えの考え方」と題して、お話を伺いました。特に衛生用品などはさすが女性の視点という内容で、大変にためになりました。女性の悩みは本当は深刻なのに、恥ずかしがったり、贅沢に思われることを遠慮したりして、なかなか声が届きにくい、という現状がまだまだ根強くあるように思います。子育て世代のヤングママさんも多数参加されていて、お話を伺うと、液体ミルクの必要性やかさばる紙おむつのことなど、課題があります。
議会でも女性の視点の防災対策の質問をしてまいりました。これからも過去の教訓も生かしながら、取り組んでまいります。

10月28日 2017 お台場学園港陽小・中学校学芸発表会

2017 2017 2017 2017

運動会等に続いて、今週は学芸発表会が開催されています。
毎年、「合唱&合奏」と「劇」を行います。
今日は行事も多く、全部は鑑賞することができませんでしたが、最初の1年生の合唱・合奏と2番目の二年生の「かさじぞう」を鑑賞させていただきました。
1年生のミッキーマウスは、元気いっぱいでかわいかったです。
2年生のかさじぞうは、「優しさと感謝の心」がしみじみと・・・大切なことを思い出させてくれました。
午後は中学生の部もありました。

10月22日 がん対策みなと2017

2017 2017 2017 2017 2017

六本木ハリウッド美容専門学校内で開催の「がん対策みなと2017」に行って参りました。ピンクリボン月間にちなんで10月に開催されています。
私が小学4年生の時に母が乳がんになりました。その時のことは今でも覚えていて、女性の健康づくりの大切さを感じて、いろいろとできることはないかと考えています。アピアランス支援、食生活支援、乳がんをはじめ子宮頸がんや胃がんなどの早期発見のための検診の重要性の啓発。繰り返し何度も何度も啓発していくことが重要です。
参加型の盛り沢山のブースを回り、アンケートをしたりして、啓発品をたくさん頂きました。
雨にもかかわらず、たくさんの方が来られていて、10月のピンクリボン運動がもっともっと定着していくように、これからも推進していきたいと思いいます。

10月14日 港区総合防災訓練

2017 2017 2017

小雨の中、台場会場にて港区総合防災訓練が行われました。
毎年、地域の皆様と共に参加させて頂いています。
お台場学園中学生の防災ジュニアチームのメンバーも毎年頑張ってくださっています。写真は中学生が水色のヘルメットを着用し、参加者にAEDを使った心肺蘇生を教えている所です。
昼間の発災時に地域には高齢者や小さなお子様のいる女性が残されている可能性が高いので、地元の中学生は大事な存在です。
避難所用のトイレの組み立てや、ベンチかまどの設置方法など、知っておいてほしいと思います。
そういう視点でも、一歩踏み込んだ訓練を行っていく必要があるのではないかと思いました。
お台場地区防災協議会をはじめ、関係者の皆様、大変にお疲れ様でした。

10月7日 港区民まつり

2017 2017 2017

今朝は雨のため小学校の体育館で行われた「台場保育園の親子運動会」にうかがった後、芝公園で開催の港区民まつりに参加しました。
お昼まで「防災士港支部」のブースでアンケート調査など防災士としての活動をさせていただきました。
たくさんの方が来てくださり、防災に対する意識の高さを感じましたが、まだまだ、家具転倒防止や備蓄など、わかっているけどなかなかできない方が多いと感じました。
お話しながらアンケートを進める中で、いろいろな事情でできない事があることもわかりました。
「啓発が大切!」だと思いました。
午後からは、会場を一巡しました。
花嫁衣装を着ることができるコーナーも今年度から始まりました。
雨も上がり、たいへんいい天気になりました。
明日はパレードがあります。
私は、明日は港区議会のブースのお手伝いをします。

10月6日 港区立小中学校特別支援学級合同運動会

2017 2017 2017 2017

「第51回 港区立小中学校特別支援学級合同運動会」に参加しました。
児童・生徒の皆様が力いっぱい走る姿に、精一杯応援をさせていただきました。

10月4日 就学援助の充実を求める要望書を提出しました。

2017 2017 2017

港区議団公明党は、武井港区長と青木教育長に「就学援助の充実を求める要望書」を提出させていただきました。
入学前の就学時援助金の支給については、区民の皆様からのご要望を伺っていました。自治体独自の判断で行う場合、国庫補助の対象となっていませんでした。しかし、本年3月10日の衆議院文部科学委員会で、公明党の富田茂之衆議院議員が、政府に対し「国が要綱を変えればできる。早急に検討を」との主張に、義家弘介文科副大臣が、「検討を行っている」との従来の見解から、「速やかに行いたい」と大きく踏み込んだ見解を示し、国庫補助の対象となる事が実現しました。そのような動きを受け、区民の皆様の暮らしを守る最前線となる私たち公明党区議団で、具体的に要望いたしました。ネットワーク政党として、団結してまいります。

10月1日 港区総合防災訓練に参加しました。

2017 2017 2017 2017

今日は午前中、区立芝公園で開催された港区総合防災訓練(芝会場)に参加しました。
これから11月終わりまでの間に、区内のそれぞれの地域で合計7回の「港区防災訓練」行われます。
私は7ヶ所中、3ヶ所に参加させていただく予定となっています。
近隣町会・自治会の皆様が、ご自宅から集まって会場へ来られますが9割が集合住宅の港区においては、町会・自治会加入でない若いファミリー層の方々にも総合防災訓練への参加を促す為、会場内には白バイに乗ったり、ゆるきゃらトリオといっしょに写真を撮ったりできるフォトスポットを設けました。
写真を撮り終えた子どもたちも、違うコーナーへと自然な流れで、訓練に参加することができました。
このような工夫で、例年の3倍ものお子様連れ家族の参加者となったそうです。
AEDの実体験も大切です。忘れないように、やっておきましょう。
近隣の「慈恵看護専門学校」の学生さんや「都立芝商業高校」「区立御成門中学校」の生徒さん達がボランティアで、たくさん参加されていました。
若い世代への防災に対する意識啓発は重要です。
役員の皆様、スタッフの皆様、職員の皆様残暑厳しい中、大変にお疲れ様でした。

9月29日 秋の交通安全週間

2017

今朝は秋の交通安全週間の最後の声かけ運動に参加させて頂きました。役員の皆様、大変にお疲れ様でした。
いつもありがとうございます。
これから議会へ向かいます。今日の決算特別委員会の審議は土木費です。

9月23日 ツーリズムEXPO 2017

2017 2017 2017

今日はツーリズムEXPO2017に港区観光課ブースが初出店という事で、視察に行かせて頂きました。港区観光課ブースでは、やはり東京タワーが一番の売りです。
インスタ映えする撮影スポットと、顔や手にペインティングをしてもらえるコーナーがあります。またVR動画でお台場クルージングも体験できます。
2020東京大会に向け、観光振興に力が入ります。また他のブースでは、パラリンピックスポーツの体験コーナーも充実していて、たくさんの人が並んでいました。

9月22日 決算特別委員会が始まりました。

2017 2017

今日から平成28年度の決算特別委員会です。副委員長としてご挨拶させていただきました。スムーズな運営に努めてまいります。
今日の審議は、歳入・歳出、審査意見書、議会費、総務費の途中までとなりました。
日頃区民の皆様からのお声を細かくお伝えできる機会でもあります。

9月17日 町会のお祭りに参加しました。

2017

ずぶ濡れで御神輿を出された芝の町会がいくつかありました。私もご一緒させて頂きました。
熱気ムンムン、いつもより短いコースでしたが、盛り上がりました。町会の皆様、大変にお疲れ様でした。

9月16日 芝神明神社の「だらふだら祭り」赤坂氷川神社のお祭り

2017 2017 2017

芝神明神社の「だらふだら祭り」赤坂氷川神社のお祭りが開催されています。昨夜は芝新堀町会の輪踊りや今日は、各氏子町会のお神酒所へ18ケ所へご挨拶に回らせて頂きました。写真は芝金杉町会のはっぴを貸して頂きました。雨が降り出す前に、子ども神輿ができたようです。明日がメインのお神輿ですが、台風のため、基本的には中止になりました。夕方には片づけに入っている町会もありました。残念ですが、無事故が大切です。いずれにしても、町会役員の皆様には頭が下がります。いつもありがとうございます。

9月11日 新公会計制度についての勉強会

2017

午後は会派で公認会計士の先生をお呼びし、平成28年度決算において導入した「新公会計制度」についての勉強会をいたしました。
新公会計制度は「複式簿記・発生主義」による財務処理で、区民に対して、これまで以上に財政の見える化が進められています。
国(総務省)の統一基準と、東京都方式の違い
事業別にコストを分析
し、次の施策にいかしていくためのものですが、福祉関係の事業等は、コストだけでは判断しきれない(割り切れない)事もあるので、利用者など、現場の声もしっかり受け止めたうえで事業評価をしていく必要があることなど学ばせていただきました。
専門用語や私にとっては、慣れない用語も多い分野ですので、講師の方のわかりやすい説明は、大変に勉強になりました。

9月7日 赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業竣工祝賀会

2017 2017

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業竣工祝賀会」に建設常任委員として、お招きをいただきました。
この地域は大使館や外資系企業が軒を連ね、ビジネスパーソンが多く集まります。
住居棟と国際的な会議や研修施設も整った新名所「赤坂インターシティAIR」(高層ビル)が竣工致しました。
武井港区長、国土交通省、東京都からの代表の方々もご挨拶され、鏡開きも行われ、盛大な竣工祝賀会でした。
多くの方のご努力で、今日の日を迎える事ができました。
▶施設の詳細についてはこちらから
港区内は、多くの開発が進んでいますが、災害や防災・防犯面でも安全安心に暮らしたい。
そのためには、ハードの設備も地域のコミニュティ環境も大切です。
時代は大きく流れます。新しいまちづくりを今後も進めてまいります。

9月5日 「長寿の集い」に参加しました。

2017

午前と午後と2回にわたって開催された「長寿の集い」の式典に参加をさせていただきました。
現在、港区の人口は25万人を越え、うち75才以上の方は2万人以上いらっしゃいます。
最高年齢は、女性 109才、男性 105才です。
ご長寿の皆様、誠におめでとうございます。
1世紀を生きることも、めずらしくない時代です。
私の母は77才、父は84才までの寿命を全うさせていただきました。
港区においても、地域包括ケアが本格的にスタートし、在宅医療・療養・介護の連携する相談窓口が開設されました。
そのことについては、先日のブログに掲載させていただきました。
命ある限り、誰もが尊厳をもって、自分らしく生きていける環境の整備について、これからもしっかり取り組んで行きたいと思います。

8月28日 港区地域包括ケアシステム推進会議

2017

今日は区民相談対応、団ミーティング、次回議会の質問の調査などを行い、夜は今年度2回目の港区地域包括ケアシステム推進会議を傍聴させていただきました。いよいよ9月1日から港区地域包括ケアシステムがスタートします。
間違いなく増加している高齢者の生活にかかわる諸課題は、日々のご相談でも大変多いです。
やむをえない認知症や、特養ホームに入れないので、在宅でのケアはどうしたらいいのか?
家族が介護で疲弊してしまっているなどなど。。。
9月1日から赤坂コミニュティープラザ1Fに相談窓口が開設されます。電話やメール、そして予約不要の来相談ができます。
悩まず気軽に相談できることが重要です!
詳細は港区HPから▶

8月27日 「六本木ヒルズ盆踊り」にお招きいただきました。

2017 2017 2017 2017

8月の最終週末は、各地でお祭りがたけなわで、「六本木ヒルズ盆踊り」にお招きいただきました。
いつ伺っても、お食事やショッピング、美術館や映画鑑賞などなど、とても楽しめる六本木ヒルズです。
盆踊りとあって、いつにも増して、大盛況でした。
な素敵な写真撮影スポットもあります。
かき氷をいただきました。
どこのお祭りもそうですが、お暑い中、役員や係の皆様、本当にありがとうございます。

8月27日 Rainbow Tokyos北区主催のシンポジウムに参加しました。

2017

Rainbow Tokyo 北区さんが主催の、LGBT(性的少数者)の方々の里親や養子縁組制度における課題について考える会に、会派の有志とともに参加しました。
本年4月に、虐待などにより親元で育てられない子どもの里親について、大阪市が男性カップルを全国初で認定したことが報じられ話題になりましたので、大変に関心をもって話を伺いました。
日本では、法的には同性婚は認められていないため、婚姻を前提としている特別養子縁組や、共同の養子縁組は、同性パートナーシップ間では、現状不可能です。
そこで子供が欲しい同性カップルの、一方の方と養子縁組を行うことで疑似的には家族は形成できますが、法的な家族とはならないため、相続などの問題が残ります。
従って、子どもが欲しい同性カップルは、現状では里親制度を利用するのが現実的ですが、先の大阪市のような例外を除いては、特に東京では要件などにおいてハードルがまだまだ高いといえそうです。
特別養子縁組を推進する事業を展開し、LGBTの社員も雇用されている駒崎弘樹氏が本会で述べられていたように、単身者でも特別養子縁組を認めるような法改正を行うことが、上記の問題解決の最短といえると思いましたが、それとは別にLGBTをめぐる家族観等についての議論も益々必要といえます。
人権、権利、自分らしくいきること、認め合う社会。
まだまだ課題が山積ですが、声をしっかりあげて受けとめ、進めていきます。

8月24日 世田谷区役所を訪問しました。

2017

「世田谷区パートナーシップの宣誓」の取組みについてヒアリングのため、朝一番で世田谷区役所を訪問しました。
世田谷区の「性的マイノリティ支援のための暮らしと意識に関する実態調査」によると、「自殺したいと思った」はトランスジェンダー67.0%、レズビアン・ゲイ44.8%、と高い比率です。また、トランスジェンダーの約3人に1人が自殺未遂を経験している数値が出ています。私は相談できない苦しみだと推察しています。
渋谷区では既に条例化し、パートナーシップ「証明書」を交付しています。世田谷区では同性カップルの気持ちを受け止め、区長名の「宣誓受領書」を交付しています。
今後はセクシュアル・マイノリティのための相談体制や、交流スペースの充実が重要になってくるとのお話も勉強になりました。港区においてもさらに、多様性を尊重する社会の実現に向けて、取り組んでいきたいと思います。

8月23日 港区老人クラブ連合会カラオケ大会・特別区議会議員講演会

2017 2017

午前中は港区老人クラブ連合会のカラオケ大会におじゃましました。
すべての歌を聞くことはできなくて残念でしたが、何歳でも好きな歌を歌う!って素敵です。歌は癒しです。
午後は区政会館にて「特別区の現状と課題」について勉強をさせていただきました。
特に「児童相談所移管の具体的課題、国保制度改革と特別区への影響」は、私たちの身近な重要な問題です。
時代にあった制度でありながら、財源というお金のことなど、しくみが追いついていないような感じがあり課題です。

8月13日 赤坂子ども中高生プラザ サマーライブ2017

2017 2017 2017

朝はお台場海浜公園のお掃除ボランティアに参加しました。
今日は取材もあり、たくさんの方がご参加くださいました。
午後は防災士として、麻布協働スペースで開催の「防災士港区支部」の連絡協議会に参加し、秋の港区総合防災訓練等に向けての役割についての確認などをしました。
港区でも、防災士の方が増えてきました。
その後、「赤坂子ども中高生プラザ サマーライブ2017」へ。
日頃の音楽バンド活動やダンスグループが素晴らしい演奏&演技を披露してくださいました。
まさに青春!
今回は「音楽塾VOICEの西尾芳彦先生」が特別審査委員として来てくださり、中高生たちのパフォーマンスにコメントなども頂くことができました。
最優秀賞、優秀賞、特別賞も選ばれました。
終了後はお菓子&ジュースで皆さんで打ち上げも開催されたとの事です。
「なんでーも」を利用する中高生達が、職員やスタッフの皆さんと、とても仲良くされていて、アットホームな雰囲気でほっこりしました。
当然お盆休みでも、仕事をしている家族もいます。
そんな時でも、こんな風に近所に寄れる居場所がある、というのは本当に素晴らしいことだと思います。
心温まる時間をすごさせていただいて、私も本当にうれしくなってしまいました。
音楽やダンスだけでなく、スポーツ等、これからも中高生の輝く未来に向かって自信を持って、自分を信じて、希望いっぱいにチャレンジしていただけるような環境づくりに全力で取り組んでまいりたいと思います。

8月5日 とらトピアの夏祭りに参加しました。

2017 2017

週末を中心に各地域でお祭りが開催されています。
今日は午前中、「とらトピアの夏祭り」に行かせていただきました。すばらしいハーモニーのコーラスに感動しました。

8月4日 災害時、安心できるトイレが健康・財産を守る!

2017 2017 2017 2017

有明・ビッグサイトで開催中の「下水道展2017 併載企画」NPOトイレ研究所企画・運営の「災害時、集合住宅のトイレはどうなる?」フォーラムに行かせて頂きました。
災害時における「トイレ問題」に特化したフォーラムです。

内容を簡単にご紹介させて頂きます。
災害用トイレの展示
弁護士 岡本 正氏による講演
「マンション防災のために知っておきたい生活再建の知恵」
 災害時対応する為にお水や食料などを備えるように
 被災した時の適用となる法律を知っておく
「知識」を備えるということは、安心できる、という点において重要なことです。
たとえば、罹災証明書発行や弔慰金の制度、被災ローン減免制度 自然災害債務整理ガイドライン等・・・
パネルディスカッション「マンションでのトイレ対策」は聴講者からの質問に答える形で行われました。
「マンション内の排水系統のジャッチはどのようにするのか?」
つまり、特に在宅避難の場合において、断水が終わり、復活したとして、地域の下水道が大丈夫であってもマンション内の排水管が破損していたら、自宅のトイレに水は、まだ流せないので、トイレは使えません。
どうすれば、マンション内の排水管が壊れた、壊れていないを自力で判断できるのか?
私の地元のお台場地区防災協議会の中でも話題となっていました。

これについては「現在、取りまとめ中!」とのことです。
公益社団法人「空気調和・衛生工学会」が3年にわたる調査・研究をしているところです。 まもなくまとまったら、HP等に具体的に掲載される予定があるそうです。

まとめ:災害時のトイレ対策をちゃんと備えておかないと。健康被害がでる。死にいたることもある。
自宅マンションという固有財産を無くすことにもなる。
(上階の人が、用をたした後、トイレの水がでないので溜めておいたお風呂の水などを使って、流すことをみんなでやってしまって、1階の人の部屋のトイレから汚水・汚物があふれ出てしまったり、天井に汚水が漏れてしまったりして、1棟ごとだめになってしまったり、損害賠償問題に発展したりした事例があったそうです。)

その他、男女参画の視点からは改めて女性の視点の重要性がわかりました。
生活者の視点である女性の視点は、防災・減災の意識啓発に非常に欠かせないものです。
「女性主体の防災訓練」を行っている自治体もあるそうです。
今日のフォーラムは大変に勉強になりました。
今後の議会質問に反映していきたいと思います。

7月28日 芝商店会主催のプロレスナイトに参加しました。

2017 2017 2017

今夜は芝の新堀町公園にて、芝商店会主催のプロレスナイト!地域の皆様や会社帰りのサラリーマンで盛り上がっていました!(場外乱闘あり)そして、毎年リング上でご挨拶をさせていただき、感謝の思いでいっぱいです。(もちろん、ゴングが鳴って登壇です!)
歴史ある芝商店会。商店会を愛する皆様とともに、課題解決に向けてがんばってまいります。
明日は「ちびっ子集まれ!ちびっ子ナイト!!」ぜひ、お立ち寄りください。

7月28日 民間の「コワーキングスペース」を視察しました。

2017 2017 2017 2017 2017 2017

渋谷・ヒカリエ8FのCreative Lounge と赤坂見附のYahoo JapanのLODGEを視察させて頂きました。
どちらも、ただのレンタルスペースではない、イノベーションを生み出すオフィスとして機能しています。
港区でも新しい産業振興センター建設の予定がありますが、港区ならではの地域性を活かせるグローバルな視点には、新たな取組のヒントがたくさんありました!
今日の視察を反映した政策を考えたいと思いました。

7月27日 「第22回新橋こいち祭り」が開催されています。

2017 2017 2017

今日、明日新橋駅一帯で「第22回新橋こいち祭り」が開催されています。夕方に行って参りました。毎年木曜日、金曜日に開催されますが、サラリーマンの集中する新橋駅周辺なので、サラリーマンが小一時間ちょっと寄っていけるお祭りという意味合いで「こいち」と付けられました。たくさんの模擬店、そして盆踊り、明日は浴衣コンテストも予定されています。
週末のひととき、ぜひ、夕涼みにお立ち寄りください!

7月26日 サービス付き高齢者住宅、障害者グループホーム等の複合施設の内覧会に参加しました。

2017 2017 2017 2017

今日は六本木の新しくなった「シティハイツ六本木(区営住宅)、サービス付き高齢者住宅、障害者グループホーム、公共施設など(400台の自転車駐輪場、防災備蓄倉庫や防災待機職員住宅や区民協働スペース)の複合施設の内覧会に行かせて頂きました。
一部の部屋からは、六本木ヒルズや東京タワーが見えます。駅近くで、素晴らしい立地条件です。複合施設ですが、本当によく設計されていると、感動しました。
港区議団公明党は、高齢者や障がい者が住み慣れた地域で安全で安心して暮らしつづけることができるよう、議会で度々訴えてきました。この度の区営住宅六本木シティハイツの改築にあわせて、実現できました!まだまだ公的住宅の確保は重要です。これからも力を合わせて、しっかりと取り組んでまいります。

7月22日 「なんで~も」の夏祭りに行きました。

2017

赤坂子ども中高生ぷらざ「なんで~も」の夏祭りに行かせて頂きました。来月の8月13日に同所で開催される「Summer Live」の審査員に、たくさんの実力派アーティストを輩出されている「音楽塾ヴォイス」の西尾芳彦先生が審査員で来てくださいます。
今年の3月の予算特別委員会で、中高生への居場所づくりの支援や区内5ケ所も音楽スタジオが整備されていることの活用について質問させていただきました。
ブログ
「なんで~も」で企画をしてくださいました!楽しみです。

7月13日 「モラルハラスメント」のご相談を多く頂いています。

2017

「モラルハラスメント」とは、「言葉や態度等によって精神的な嫌がらせを行うこと」で、完全なDVです。
相談者は女性が多いですが、男性もいらっしゃいました。
「だれにも話せなくて、苦しい…」
ご相談をしていただいた時、「よりきちんとその方の心に寄り添えるよう、お話ができるよう、間違ったことを言わないよう、まず私自身が、理解を深めなければ」との思いで、リーブラの講演会に行ったり、本を読んだりして勉強しました。
もちろん、ご相談を受けたら、行政の専門相談窓口につながせていただきます。
専門家の力でないと解決の方向には絶対に進みません。自分ひとりでは、絶対に解決は無理です。
「モラルハラスメント」は、ほとんどの方が、最初は自分がモラルハラスメントを受けているという事に全く気づいていません。
でも、いつも得体のしれない不安に覆われているのです。
読んだ本の中には、モラルハラスメントは「望ましくない自分の特性を、他者におしつける葛藤処理のひとつ」とありました。
生活していて、何かいやだなって思ったら、ひとりで悩まず、ためらわないで専門の相談窓口にご相談下さい。

▶港区においては
男女平等参画センター リーブラ相談室 「心のサポートルーム」
▶東京都においては
女性相談センター

6月25日 男女平等参画フェスタ イン リーブラ2017

2017 2017

港区立男女平等参画センターリーブラで開催中の“男女参画フェスタ イン リーブラ2017”に行って参りました。
たくさんのブースがある中、時間の関係もあり全部は見られませんでしたが、消費生活活動センター推進委員の方々が「食品ロス」についてパネル展示や紙芝居などでとてもわかりやすく啓発活動をされているコーナーがありましたので、参加させていただきました。
「港区の3R推進活動と消費生活センターの活動とが食品ロスの啓発を進めるため、コラボしてできることもあるのではないか」等々、大変に前向きなお話もいただきました。
身近な日常の生活のなかでの視点が重要と改めて感じました。
私も引き続き、食品ロスの取り組みを、主婦目線、身近な目線で取り組んでまいります。

6月16日 平成29年第二回港区議会定例会が閉会しました。

2017

平成29年第二回港区議会定例会が閉会し、2年間の区民文教常任委員長の役職も終了しました。
たくさんの方に支えらえて、職務を全うすることができ、感謝の思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
そして、新たな所属委員会が決まり、また、正副議長、各委員会の正副委員長の指名があり、新体制で港区議会18期がスタートいたしました。
私は、建設常任委員会と行財政等対策特別委員会に所属させて頂くこととなりました。
行財政等対策特別委員会の副委員長にもご指名頂きましたので、円滑な委員会運営に努めてまいりたいと思います。
本会議場で新任のご挨拶をさせていただきました。
これからも、区民の皆様の思いをしっかりと受け止めて、感謝の思いで、ご期待に添えるよう頑張ってまいります。

6月14日 区民文教常任委員会で請願審査

2017

所属する区民文教常任委員会で請願審査を行いました。
⑴ 請願29第4号 芝浦小学校への特別支援学級設置に関する請願

6月12日 行政視察をさせて頂きました。

2017 2017 2017

第2回港区議会定例会は今週から常任委員会審議です。明日は議案審議、あさっては請願となります。
本日は行政視察をさせて頂きました。虎ノ門3丁目の巴小学校の跡地です。
現在2020年開設予定の港区立科学館を建設しています。地上14階、地下2階ですが、その1・2階、4階の一部は港区の区立科学館と教育センターになります。他のほとんどは気象庁が移転してきます。

6月4日 「レインボーキャップ」の活動に参加しました。

2017 2017

日曜の朝恒例のお掃除ボランティア「レインボーキャップ」の活動に参加させていただきました。今朝は少し曇りで涼しい朝です。
昨日「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」でお掃除をしましたが、今朝は今朝でごみは多めです。
松林を散策しながらゴミを拾いました。梅雨前の今の季節、ドクダミの花などや小さな草花が可憐に咲いて癒されます。

6月3日 東京ベイ・クリーンアップ大作戦に参加しました。

2017 2017 2017

午前中は「泳げる海に!裸足で歩ける砂浜に!」と東京ベイ・クリーンアップ大作戦に参加し、お台場海浜公園の掃除に参加させていただきました。
武井区長、2020オリパラ特別委員会の委員なども参加されました。
終了後は、昨年9月に敷いたクラムマットのアサリの観察会に参加。アサリはどんどん海の水をきれいにしてくれます。

5月30日 ネットワークリーブラ港区女性団体連絡会総会&研修会に参加しました。

2017

ネットワークリーブラ港区女性団体連絡会の総会&研修会に参加をさせていただきました。
港区の男女参画推進活動を先頭に立って推進してくださる団体の代表の皆様が一同に介されました。
総会後の懇親会では、昨年に引き続き、「ジェンダーギャップからの女性の活躍推進へ」と
港区立男女参画センターの方が「政治もジェンダーも平等に~世界と日本の今からみえてくる」と題して、大変にわかりやすくお話をしてくださいました。
2016年の日本のGGI(ジェンダー平等指数)は144ケ国中111位。
2015年より順位が10位下がりました。
相変わらず、先進国の中では最低をキープ。
たぶん、このような現状である事すら、知らない方が多いと思います。
あらゆる分野の男女参画推進がありますが、 やはり一番は日本の国会議員の男女の数。
政治の世界を真っ先に変えて、発信していかなければならないと痛切に感じました。
講義の中で、まとめとして
「いずれかの性にかかわる問題を、(国家、宗教、民族などの私たちを規定するものを超えて)人類共通の問題と捉えること」
と教えていただきました。
まず、この認識に立つことからスタートせねば・・・と決意しました。

5月27日 行事の多い日、めいっぱい活動した一日でした。

2017 2017 2017 2017 2017

今日は港区内15ケ所で運動会が開催され、私はお台場学園の運動会に行かせて頂きました。
その後、青山中学での水防訓練、そして有栖川公園でのエコライフフェア、防災士勉強会など行事の多い一日でした。

5月26日 高齢者福祉施設を視察しました。

2017 2017 2017

千代田区の「ジロール麹町」という在宅を中心とする高齢者福祉施設を近藤まさ子議員と一緒に視察させていただきました。
ここでは、24時間365日、お一人お一人に合わせた地域密着型のサービスを提供しています。
1Fは誰でも利用できるおしゃれなカフェになっています。
店内では地方の障害者施設でつくられた、選り優りの物を販売しています。
地下鉄・半蔵門駅の近くのため、誰でも気軽に立ち寄ることができます。
屋上は家庭菜園などのコーナーもあり、とても家庭的な雰囲気です。
そして、小規模多機能型居宅介護やグループホーム、 老人ホームや通所介護などを行っています。
港区においては、これからも高齢者人口が増えていきます。
在宅で、ご本人もそのご家族も安心して、時間をすごしていくこと、尊厳を持って自分らしく生き続けること・・・
改めて「すごいことだな」と感じて帰ってまいりました。
今後港区でも高齢者福祉施設が建設されていきますので大変に勉強になりました。
今日の視察をいかして良いところを港区の施策にも反映できるよう取り組んで行きたいと思います。

5月24日 港区商店街連合会の定期総会後、懇親会にお招きいただきました。

2017

区議会公明党議員団一同で港区商店街連合会の定期総会後、懇親会にお招きをいただきました。

5月21日 芝消防団ポンプ操法大会が開催されました。

2017 2017

芝消防団のポンプ操法大会が区立芝公園で開催されました。暑い中、団員の皆様は全力を出し切り、素晴らしい大会となりました。
優勝は4年連続で第7分団でした。
また、今回から初めて、青年消防団(戸板女子短期大学)の方による「スタンドパイプ」のデモンストレーションが行われ、注目されていました。
消防団の皆様、大変にお疲れ様でした。

5月19日 交通・環境等対策特別委員会

2017

今日は8:30からの芝地域のクリーンアップキャンペーンに参加させていただき、港区私立幼稚園総会、交通・環境等対策特別委員会、議会質問準備のヒアリング、夜は打ち合わせの会合でした。
交通・環境等対策特別委員会は報告事項でした。
⑴ 港区総合交通戦略(素案)について
⑵「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発事業」環境影響調査書案について
⑶「(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案について
⑷「東京都市計画道路幹線街路環状第4号線建設事業」特例環境配慮書について
以上の報告がありました。

5月16日 逗子市議会を視察しました。

2017 2017 2017

今日は議会棟を8:45に出発し、議会活動においてタブレット端末を導入している逗子市議会に視察に行かせていただきました。
各会派の幹事長と運営委員会メンバーです。
逗子市は「議会のペーパーレス化」に向けて先駆的な取り組みをしています。逗子市議会議員や議会事務局から説明を受けました。実際にタブレットを触って試してみたりしました。
港区議会でも導入出来るよう引き続き提案してまいります。
最後に逗子市議会本会議場で、みなさんで記念撮影をしました。

5月11日 参議院会館で開催されたシンポジウムに参加しました。

2017

参議院会館の会議室で開催された「障害のあるこどもの合理的配慮を考える集い—保護者の学校つきそいを中心に—」シンポジウムに参加させて頂きました。
医療的ケアを必要とする子どもの学校生活に親が付き添う事について、法律や学校の対応、家族の気持ちなど、かみ合わない現状がよくわかりました。

5月7日 お掃除ボランティア活動他

2017 2017

ゴールデンウイークの最終日の今日は、日曜日朝のお台場海浜公園のお掃除ボランティア活動に参加させていただきました。今日は曇りでしたが、少し前までは寒かったのに、暦の上では、もう「立夏」で少しムシムシしています。
ビーチは連日イベントが行われています。やっぱり人が多いとゴミもたくさん出るようで、時間内にはとても全部のごみを拾う事はできませんでした。

お台場⇔品川駅港南口のお台場レインボーバスは、本年4月から新しいスキームで運行されています。3月の予算特別委員会で質問させていただき、地域の皆さまからのご要望もお伝えさせていただきました。
「田町駅」の一つ手前の「芝浦三丁目」のバス停の名称に(田町駅入口)と表記を追加してほしい、というご要望がありましたが、早々にそのように対応していただきました。
これからも、地域のお声をしっかりと伺い、お伝えし、実現できるように一生懸命取り組んでまいります。

4月28日 実績~港区 ひとり親家庭ハンドブック「離婚を考えている方へ」

2017 2017

今年度の新規事業として「ひとり親家庭ハンドブック」を作成していただきました。
様々な事情でひとり親家庭になる場合がありますが、子育てや就労支援、経済的な事情、貸付資金など、ひとり親家庭支援の内容が、それぞれの部署でバラバラに案内がされているとの声もありました。
そこで、「1冊でパッとわかる行政サービスがあったらいい。」ということで要望させて頂き、港区議会公明党も推進し、実現させていただく事ができました。
さらに、表紙の裏面には「離婚を考えている方へ」という内容も掲載していただきました。
昨年の代表質問で以下のように質問をさせていただき盛り込んでいただきました。

【質問内容】
 次に、離婚後のひとり親家庭の養育費等の問題についてお伺いいたします。
 平成23年全国母子世帯等の調査によりますと、ひとり親になる理由で一番多いのは離婚です。母子家庭となるケースの80%、父子家庭では74%が、離婚が原因となっておりますが、母子家庭の場合、離婚し、元配偶者からの養育費を受け取っているのはわずか20%であり、諸外国と比較しても、余りにも低い割合です。こうした状況に至る理由はさまざまですが、DV被害を受けているので連絡しない、元配偶者が病気などで失業しているなどが考えられます。しかしながら、結局被害に遭うのは子どもであり、子どもの生活を支える養育費が受け取れない状況が生じています。
 平成22年の国勢調査では、母子のみで構成される母子世帯数は約76万世帯、父子のみで構成される父子世帯は約9万世帯です。子どもが成長期である場合には、どうしても母親が親権をとることが多いという背景から、母子家庭が圧倒的に多くなっています。母子家庭で養育費を受け取れていないことは、精神的なストレスや子どもの貧困につながると考えられます。大変に深刻な状況です。
 平成23年には民法の一部が改正され、協議離婚の際には、父母が協議で定める事項として、養育費の分担等を明示し、当事者間で養育費の分担を取り決めるよう促しています。
 法務省では、この改正の趣旨を周知する方法として、離婚届出書の様式を改正し、届出書に養育費の分担の取り決めの有無をチェックする新たな欄を設け、現在使用されております。また、養育費等に関する法的な知識をわかりやすく解説した、離婚後のこども養育支援のリーフレットや、養育費や面会交流の取り決めをする際に使用できる養育合意書などの様式なども作成されています。現在、兵庫県明石市や品川区でも、この法務省の取り組みに従い、リーフレットや合意書を離婚届出書と一緒に配布するなど、きめ細やかな取り組みがなされています。
 港区では、家庭相談や法律相談につなぐ体制が整えられてはいますが、さらに相談体制の充実と民法改正の内容を周知することが重要と考えます。区長は施政方針で子どもの将来が、その生まれ育った環境に左右されることがあってはなりませんと述べられました。子どもの健やかな成長のために、協議離婚の際の養育費等の取り決めを促すとともに、一層の支援策を講じるべきと考えます。区長のお考えをお伺いいたします。

離婚後の養育費や面会交流においてトラブルが無いよう、たとえ、夫婦の問題が如何様なものであっても、子どもの健やかな成長をを第一に考えて、母子・父子家庭の自立を支援していく事は大切と考えます。

4月25日 住宅確保要配慮者に対する支援~居住者支援協議会についての視察

2017 2017

区議会公明党は、住宅確保支援策を先進的に進めている調布市の取り組みを視察して参りました。
高齢者の一人暮らしや障害者の方、ひとり親家庭の方々を対象とした「住宅確保要配慮者に対する支援の仕組みづくり」は喫緊の課題です。
現実にこのような住宅相談は大変多く、内容も個々に深刻なご事情で、せっぱつまっていることもしばしばです。
高齢者社会になり、現状では、都営住宅や区営住宅などの公的住宅での住宅確保要配慮者への住宅確保は非常に困難を極めていると感じます。
今回の視察では、住宅セーフティネット法の改正に伴い、その役割が強化される「居住支援協議会」に関して意見交換するとともに、「ぬくもり相談室」という対面相談室も視察させていただきました。
この日は、専門の知識を持つ女性相談員から相談状況をお伺することができました。
それぞれの事情に親身になって、しっかりと寄り添ってくださる様子がよくわかり大変、参考になりました。
今回の視察をこれからの、議会質問などにいかしていきたいと思います。

4月20日 東京都人権プラザの視察

2017 2017 2017

「東京都人権プラザ」に立ち寄らせていただきました。
ここは、東京都が設置した人権啓発のための施設です。
人権について楽しく学べる展示室や図書資料室などがあり、人権に関する相談(一般相談)や、分館では人権に関する相談(特定相談)を受け付けています。
また、会議室等の貸出や人権についての展示をしています。
パラリンピックスポーツの展示を見せていただきました。
実際にボールにも触れることができます。
せっかく港区にきていただいたので、「人権の港区」としても、ご一緒になにか人権啓発の企画ができたらいいな、と思います。
お近くに行かれた際は、ぜひお立ち寄りください。
東京都人権プラザのご案内→

4月15日 「バクバクの会」の上映会&講演会

2017

板橋区立文化会館で行われた「風よ吹け!未来はここに!!」の上映会および人工呼吸器を携帯しながら、地域でともに生きていく障がい者を支援されている「バクバクの会」による講演会に参加をさせていただきました。
映画は、人工呼吸器をつけたまま地域の保育園や公立小中学校への通学やその学校生活、ご家族のご努力や葛藤の体験をつづった感動的な内容で、「本当の支援とは何か?」ということを深く考えさせられるものでした。
起きて、支度して、買い物に行って、ご飯を食べて、お風呂に入って、眠りにつく・・・
自立することが一つの目標ではありますが、港区でも本年2月に講演され、自らも人工呼吸器を使用されている人権活動家 海老原宏美さんが、「本当の自立とは、自分が地域で、何かの役に立っていくこと」と言いきられているのがとても心に残っています。
「自分が地域で何かの役にたっていくこと」は、自分以外の人のために少しでも役に立ちたい!と思う気持ち・・・それがまた、自分への励みになっていくこと。
障害や病気があっても、健常者であっても何も違いはありません!最高に尊い生き方です。
港区では、現在、医療的ケアが必要な幼児への居宅訪問型保育を実施しています。
また、平成32年完成予定の元麻布保育園(仮称)では2歳以上の医療的ケア児を10名程度受け入れることになっています。
小中学校に配置される看護師確保など、これからも、寄り添いながら、しっかり取り組んでまいります。

4月12日 今週は交通安全週間

2017 2017

今週は交通安全週間です。朝日に輝く桜吹雪の中、通学途中の元気な子供たちに励まされます。
役員の皆様、テントの設置から見守りまでご尽力いただき、心から感謝を申し上げます。

4月11日 にじのはし幼稚園入学式

2017 2017

にじのはし幼稚園の入園式に参加をさせていただきました。
雨と寒さの一日でしたが、ことり組さんは式の時もちゃんとお話が聞けていました。
ご入園おめでとうございます。

4月7日 御成門中学校入学式

2017

今日は御成門中学校の入学式に来賓として参加をさせて頂きました。御成門中は成人した長男(水泳部)次男(バスケットボール部)でお世話になりました。その頃と何も変わっていない雰囲気で懐かしいです。
77名の新入生が新しい制服に身を包み少し緊張気味が大人っぽかったです。雨も降らずに、桜も満開のまま。ご入学おめでとうございます。

4月6日 御成門小学校入学式

2017 2017

御成門小学校の入学式に来賓として参加をさせていただきました。
62名の可愛い新入生です。すぐ近くの芝公園の桜は丁度満開。親子で記念撮影が微笑ましく、幸せを感じます。
ご入学おめでとうございます。

3月26日 台場三番街の防災訓練

2017 2017 2017 2017

午前中に台場三番街の防災訓練が初めて行われました。年一回の港区総合防災訓練や、各棟の自主防災訓練のちょうど中間的な感じで、三番街だけで、しかもJKK住宅供給公社や三番街防災センターとしっかり密着しての充実の防災訓練でした。
一般論ではなく、うちの場合、ここの地域の場合どうなるんだ、ということで訓練しました。防災センターが作ってくださったオリジナルの資料がわかりやすくすばらしかったです。
また港区議会公明党が推進させていただいている「家具転倒防止」「港区280MHxz帯防災ラジオ」「ベランダに物を置くことの重大な危険性」についてなど、わかりやすくお話いただきました。
初めてということでまだまだ周知されておらず、参加者は少なめでしたが、これからも継続的に行っていくとの事なので、来年はさらに多くの皆様にご参加いただければと思います。

3月19日 お台場海浜公園お掃除ボランティア

2017 2017

毎週日曜日のお台場海浜公園のお掃除ボランティアは、冬季は一時お休みでしたが、今日からまた再開しました。
今日はとっても気持ちの良い朝でした。
またまたポケモン出没等や三連休で多くの人がおとづれていますが、たばこのポイ捨て、空き缶、ペットボトル、カップラーメン容器などが散乱しています。
思いやりの心でマナーを守って、遊びに来てください。

3月15日 台場保育園卒園式・港区政70周年記念事業

2017 2017 2017

太陽組さん、ご卒業おめでとうございます。感動的な卒園式で、癒されました。
終了後議会棟へ。
港区政70周年記念事業として、議場届け出挙式「届け出挙式~3月15日(最高の日)をあなたの記念日に~」が行われました。
卒園式も結婚式も新たな門出!希望に満ちあふれて新出発です。

3月13日 電子タバコの学習会に参加しました。

2017 2017 2017 2017

今朝は芝公園駅にて朝のご挨拶運動。まだまだ寒いです。数件訪問後、議会棟へ。午前中は「加熱式たばこの特徴と現在の枠組み」として、議員勉強会に参加させていただきました。私は全く喫煙したことがないのですが、今後需要が見込まれる加熱式たばこについて、理解することができました。
今後法整備などで、より広まる新たな市場となります。
午後は委員会。各委員会にて委員長報告などの調整を行いました。

3月4日 「お台場海づくりフォーラム」に参加しました。

2017

港区政70周年記念事業・「お台場海づくりフォーラム」に参加をさせて頂きました。
週末は予算員会土木費・教育費の質問調整でした。予算委員会も後半戦です。
しっかり、総括質問に取り組んでまいります。

2月28日 予算特別委員会 総務費

2017

火災における初期消火の重要性について
水道水を使った簡易水道消火装置の周知・導入について」を質問させていただきました。
初期消火は極めて重要です。
昨年度と今年度、この水道水を使った簡易水道消火装置のデモンストレーションを高輪地区総合防災訓練で行いましたが、「使い勝手がよい!」とおおむね好評だったとのことです。
高輪だけでなく、広く周知することなどを要望させていただきました。
特にポータブルタイプは、7kgということで背中にしょっても、動けます。

2月25日 港区の「食品ロス減港区啓発」

2017

今日は調査日、来週からの予算委員会の総務費の質問通告をしました。今日の読売新聞に、港区の「食品ロス減港区啓発」と掲載して頂きました。
公明党港総支部としても、昨年11月27日にみなとタウンフォーラム「食品ロスって?今私たちにできること」を井出留美先生と竹谷とし子参議院議員をお招きし、開催もさせていただきました。
そして、議会質問を重ね、来年度予算につけていただきました。事業ゴミ23区最多の中、ホテルの客室数も都内で多いのですが、宿泊だけでなく、宴会も多く行われます。区として「30・10運動」を区内の飲食店によびかけることをはっきり打ち出しました。

2月21日 区民文教常任委員会で視察しました。

2017 2017 2017

今日は区民文教常任委員会で「港区スポーツセンター」を視察させていただきました。明日の審議にかかる施設の一部を視察しました。
平日の午後ということで、幼稚園帰りの親子の体操教室、水泳教室が大盛況でした。また、リオオリンピックや福原愛さんのご結婚報道もあり、卓球やバトミントンの人気が高まっているそうです。

2月16日 「みなとアピアランスサポートセンター」を視察しました。

2017 2017 2017 2017 2017 2017

議会中ですが、午前中に港区内の慈恵大学病院4Fに昨年10月から設置された「みなとアピアランスサポートセンター」を近藤まさ子議員と視察しました。
来年度予算に「がん患者アピアランス支援」が計上されています。昨年の決算委員会でも質問させていただきました。
がん治療に伴う髪や頭皮、肌、爪の変化、手術による体型の変化もあります。ウィッグや補正下着、どんな化粧品があっているかなど、総合的に無料で相談が受けられます。スタッフの方と意見交換をさせていただき、課題や貴重なご意見を伺うことができました。議会質問にいかしていきたいと思います。
病と闘いながらも、社会との接点をもって普通に生活するために、アピアランス支援は重要です。「時として治療者は病んでいる部分しか見ないかもしれない。でも実は、その人の人生全部を見てほしい。」との近藤議員の体験に基づいた深いお話も。
スタッフの方からの「患者さんに対して、こうしなければならない(ウィッグをつけなければならないとか、水着はもう着られない。)といったプレッシャーにならないように配慮していきたい」とのお話にも感動しました。
また、少しでもこの相談室をおとづれた患者さんやご家族がリラックスできるようにと、お部屋は季節感のある優しい雰囲気でゆったりとしたBGMも流れていました。
「みなとアピアランスサポートセンター」の詳細はこちら▶

2月11日 港区初のフードバンク事業を視察しました。

2017 2017 2017

公明党は「食品ロス削減」に向けた取り組みを進めているところです。
港区においては港区公明党が何度も議会質問を重ねてきた「港区立エコプラザ」でフードドライブの実施を!との提案が実現しましたので、早速公明党議員団6人で視察をさせて頂きました。

2月6日 「ハートフルデイ」を視察しました。

2017

港区公明党議員団で芝浦2丁目の運動療法による児童発達支援・放課後デイサービスを行っているスポーツ塾「ハートフルデイ」を視察させていただきました。日本では大変にめずらしい内容で、とても勉強になりました。
50年前に南カリフォルニア大学のエアーズ先生が確立された「感覚統合(体を整える)運動」の理論を用いて、楽しい遊びの中で、発達性協調運動障害を直していきます。児童福祉法に基づく児童発達支援所の位置づけで、各市町村が発行する「通所受給者証」が必要となります。学校生活で求められる「45分授業の間、着席できる身体と姿勢の維持」「朝会や集会での注意の維持」「クラスの中で協調性とコミニュケーション能力」「集中力や情緒の安定」これらが改善されると、親子関係がよりよくなり、自己肯定感が出てきて安定していきます。自分の子どもの様子に悩んだお母様が、いろいろ調べて、こちらの塾にたどり着かれる方が多いとのお話でした。
写真真ん中は「ハートフルデイ」代表取締役の西崎伸彦様です。学習塾経営の中、発達に課題のある児童がだんだん増加して、その子たちが姿勢維持の困難さや、集中力が続かない問題に直面したことがきっかけで、この事業に取り組まれることになったとのこと。行政ではなかなか手の届かない部分を、私財を投げうってやって下さっています。
しかしこれは行政でやらなければならないことです。どんな支援ができるか、大きな課題をいただいて帰ってきました。しっかり港区公明党議員団で取り組んでまいります。

2月1日 健康増進型銭湯等を視察しました。

2017 2017 2017 2017 2017 2017

品川区旗の台の健康増進型銭湯「新井湯」(老舗の温泉銭湯(^_^))及びそこを活用したサービス付き高齢者住宅、ケアプランセンター、訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、デイ・サービスステーション、認知症対応型通所介護という大変にユニークかつ機能性を併せ持った事業の視察を、区議団4人でさせて頂きました。浴場にはシャワーチェアがあったり、介護の若いスタッフさんは4ケ月の赤ちゃんを連れたまま(おんぶ)、お仕事をされている場面にちょうど遭遇しました。保育園の0才クラスに入れないから、仕事できない・・・なーんてことはありません。我が子を我が身にくっつけたまま仕事できるって、素晴らしい発想です。オーナーの新井社長の熱き思いからの発想の転換が素晴らしいです。物事を成就するには、熱い思いを根底に、専門分野を極め、地道に信頼を積み上げる「生きる姿勢」が大切だということを学ばせていただきました。

1月29日 台場でつなぐ全国の自治体と港区ー歴史的遺産の保存と活用を考える

2017 2017 2017

港区政70周年記念自治体連携事業「台場でつなぐ全国の自治体と港区ー歴史的遺産の保存と活用を考える」に参加させて頂きました。

1月23日 障害児・障害者アート展

2017 2017 2017 2017

港区議会公明党議員団6人で、六本木にある国立新美術館で開催している「障害児・障害者アート展」に行ってまいりました。港区として初めてのアール・ブリュットの作品同時展示での開催です。
鑑賞は無料で、1月30日まで開催です。
鮮やかな色彩が白壁にそれぞれの良さを発揮しています。とても美しい作品ばかりです。

1月21日 民団東京港支部の新年会に参加いたしました。

2017 2017

民団東京港支部の新年会に参加をさせていただきました。これからも、草の根交流を大切にしていきたいと思います。
ステージも盛り上がりました。
写真前列中央のOB区議の藤本さんは港区日韓親善協会会長を務めてくださっています。

1月15日 しょうてん会寄席

2017 2017

夜、高輪区民センターで「しょうてん会寄席」に参加しました。今年度の東京都広域支援商店街事業として開催されました。このような豪華メンバーの寄席が、区民の方に無料で提供されることは素晴らしいことだと思います。三か所の商店会を廻るスタンプラリーになっています。何より会場が笑いでいっぱいになり、笑顔でいられるというのは本当に幸せなことです。

1月13日 港区新年あいさつ交歓会が開催されました。

2017 2017

区政関係者の皆様が参加しての新年あいさつ交歓会が、グランドプリンス新高輪・飛天の間にて盛大に開催されました。
乾杯は我が会派の近藤副議長が務めました。

1月11日 防災ラジオの申し込みについて掲載されました。

2017

港区議会公明党は平成26年10月20日、武井区長に防災無線の難聴対策を申入れしました。
その結果、港区は平成29年1月より、災害時の情報伝達手段を強化するため、CATV回線が敷設されていない「お台場地域の各世帯」と「区内全域の聴覚障害者の希望者」に自己負担1,000円で280MHz帯防災ラジオの配布の実施が決まりました。
1月11日付けの「広報みなと」に、その防災ラジオの申し込みについて掲載されました。
台場地域の会合でも、協働推進課から説明をしていただきました。港区議会公明党は今後、区内全域への導入を目指していります。
詳細は港区HPからご覧になれます。

1月9日 「港区成人の日記念の集い」に出席しました。

2017 2017 2017

港区成人の日記念式典がザ・プリンス パークタワー東京にて盛大に開催されました。港区では1469人の皆様が新成人になります。今日の式典には700人以上の方が参加されました。
武井区長は、例年以上に参加者の割合が高いことに、とても喜んでおられました。
私も幼稚園前から交流させていただいている近隣のお嬢様たちと記念撮影をさせていただき、感概深いものがありました。幸せになってもらいたい、と心から願います。
式典開催にあたっては、毎回青少年地区委員の皆様が細かなところまで見てくださって、頭が下がります。終了後の青少年地区委員の皆様の新年会にもお招きいただき、武井区長、うかい議長とともに参加をさせていただきました。

1月6日 「芝 de Meet The Art~アートに親しむまち、芝~」アート作品除幕式

2017 2017

午後から芝商店会(芝2丁目)の芝新堀町児童遊園にて「芝 de Meet The Art~アートに親しむまち、芝~」アート作品除幕式に、近隣町会の皆様や放課GO→クラブ芝の子どもたちとご一緒に参加をさせていただきました。
落書きなどの対象となる公園内トイレの目隠しボードを活用して、アーティストの山本修路先生のご指導のもと、放課GO→クラブしばの子どもたちが「好きな自然を描く」をテーマとし、ワークショップを重ねて行い完成しました。晴れの青空と夕焼けの空に、木々がいきいきと描かれて、とても素敵な仕上がりです。
落書きや汚れている場所は、治安上の不安を感じます。街の魅力も低下します。アートの活用で整備をし、街の安全・安心を高める素晴らしい取り組みです。
公園全体が明るくなりました。

1月4日 2017年仕事始め

2017

今朝は浜松町駅前でご挨拶をさせていただき、2017新年の抱負を述べさせていただきました。暖かな朝でした。
そして今日から港区役所は仕事始め。港区団公明党一丸となって、区民の生活を守り抜いてまいります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

pagetop