12月26日 新橋の信号についての視察

2013
2013

新しく設置された信号機が、停止線の真上にあることから、赤信号で停止した先頭車両が青に変わったことが見えない、後続車がクラクションをよく鳴らしている、ドライバーが信号機が見えないのはとても危険なので、適切な位置に設置して欲しいとのご相談をいただきました。
さっそく、ご相談者の方に同乗させていただき現地を視察したところ、信号の位置が不適切であることがわかりましたので、早急に警察に申し入れしていきます。

▲ページのトップに戻る

12月23日 港区スポーツセンターオープン記念講演

2013
2013
2013
2013

大幅な防災機能の強化、先進技術の導入、国産木材を活用した二酸化炭素削減への取り組みなど、区民の方も参加して計画を策定した、港区最大規模の複合施設「みなとパーク芝浦(田町駅東口)」がオープン。ここに新しいスポーツセンターも開設され、オープニングイベントの一つとして、シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール高橋明監督の記念講演会が行われました。
タイトルは「可能性を信じて~変化するすばらしさ」。「失ったものを数えるな、残ったものを最大限に生かせ」とのパラリンピックの父・ルードウィヒ・グッドマンの言葉や、健常者と障がい者が共にチームで競技する日本車椅子バスケットボール大学連盟のお話など、スポーツを通じての共生社会への取り組みに深く感動しました。
この講演会には斎藤都議も参加され、東京オリンピック・パラリンピックの大成功に向けて、都政・港区政においても、団結して取り組んで行こうと誓い合いました。

▲ページのトップに戻る

12月18日 「奨学金制度の充実を求める意見書」提出が決定

2013

平成26年第4回港区定例会の最終日、本会議では港区議会として、内閣総理大臣および文部科学大臣宛に「奨学金制度の充実を求める意見書」を下記の内容で提出することになりました。
1.所得額に応じた返還ができる所得連動変換型の奨学金を実施すること
2.一定条件のもと、給付型奨学金制度を早期に創設すること
日本の奨学金は給付型ではなく貸与型で返済に困窮する若者が増えている現実もあります。未来を担う若者たちが勉学に励むことが出来る体制づくりを目指してまいります。

▲ページのトップに戻る

12月14日 お台場海浜公園・お掃除ボランティア

2013

日曜日の朝に行われているお掃除ボランティア(レインボーキャップ)に参加させていただきました。
寒さが厳しくなったためか、前日には冬花火も行われましたがさほどゴミの散乱もなく、澄み切った空気に包まれていました。観光名所としての賑わいも、いいものですがひっそりとした海には癒されます。
多くの方々が気持よく、お台場海浜公園で過ごしていただけるよう、ボランティア活動にも地道に参加していまいります。

▲ページのトップに戻る

12月4日 連絡いただいた歩道の危険箇所の視察・確認をしました。

2013
2013

地元台場の歩道についての危険個所のご連絡をいただき、朝一番で現地の視察・確認をしました。
車道から歩道に乗り上げて、建物の駐車場に入るため、乗り上げた歩道部分の消耗が激しいようです。かなりのがたつきが見られ、歩行者はつまづきやすくなっています。
都道ではありますが、区の土木担当者に修繕の申し入れをさせていただき、都に伝えていただきます。

▲ページのトップに戻る

11月29日 「白金の丘学園」竣工記念内覧会

2013
2013
2013
2013

港区で2校目となる小中一貫教育の「白金の丘学園」が平成27年4月に開校します。それに先立っての内覧会に参加させていただきました。
三光小、神応小、朝日中が統合され、新たに「白金の丘学園」が誕生。落ち着いた雰囲気で洗練された校舎、飛翔・志・気高さを表現した校章のデザイン、都倉俊一さん作詞作曲の校歌もとても素晴らしいものでした。
ここで学んだ子どもたちが、勇気と希望をいっぱいにして羽ばたく未来がとても楽しみです。

▲ページのトップに戻る

11月16日 台場防犯隊パトロール

2013
2013

毎月2回、実施している台場防犯隊のパトロールに参加させていただきました。異常なしでしたが、台場内の駐車場で放火騒ぎがありました。同行の湾岸警察の方からも話しを伺い、地域の人達によるパトロールの大切さを確認しあいました。
また、「ふりかけても振り込まないで!」ふりかけを啓発品としていただきました。詐欺防止のための工夫に感心。これからも、隊員の皆さまと一緒に地域の安全のために活動してまいります。

▲ページのトップに戻る

11月12日 平成27年度予算要望書・愛育病院に関連する要望書を提出

2014
2014
2014

平成27年度予算要望書を提出

港区の人口は年少人口、生産人口及び老齢人口のいずれも増加が見込まれ、各ライフステージに応じた行政需要の把握と的確な事業実施が求められています。
そこで、120項目の安全安心な区民生活の福祉向上の為の施策について、武井港区長に平成27年度の予算要望をいたしました。

愛育病院に関連する要望書を提出

周産期医療の重要拠点となる愛育病院の誘致が決定。平成27年2月の開院にあたって、さらに3点にわたり武井港区長に要望させていただきました。

  1. 港区内の子育て世代の増加に伴い、周産期医療の充実と、夜間、土日祝日診療など、小児医療体制の充実を図っていただきたい。
  2. 新設の女性総合内科の開設にあたっては、女性特有の疾患について専門を有した女性医師に担当してもらいたい。
  3. 港区民への優遇策として、出産費用の減額などを考慮していただきたい。

愛育病院は、思春期や更年期までの幅広い女性医療への対応(総合女性内科)、小児集中治療室を有する小児二次救急医療や災害時の小児を中心とした重篤患者の救急医療など行うとされています。
今後も、区民の皆さまのより確かな安心のために、医療機関の充実にしっかりと取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

11月1日 お台場学園の学芸発表会

2013

お台場学園の学芸発表会を参観させていただきました。演劇、合奏など素晴らしい表現で感動しました。打楽器のリズムのキープの集中力に感心。皆さんの熱演に夢中になった発表会でした。

▲ページのトップに戻る

10月31日 東町小学校の公開授業に参加しました。

2013
2013
2013
2013

区民文教委員として東町小学校の公開授業に参加させていただきました。
港区人口の約1割が外国人籍。東町小学校は全学級が国際学級で、文部科学省が定めた教育課程を受けることができます。
これからの国際化時代を生き抜くためには、英語が話せるだけでは十分とはいえません。
異文化を理解し、自身の考えをしっかりと持ちつつ、お互いに高め合おうする力を持つ児童を育てるため、東町小学校では、各学年10名の外国籍児童を受け入れています。
1年生から6年生までの全クラスに、担任の他にEST (English Support Teacher)が配置され、外国籍保護者のために、英語版の学校からのおたよりも用意しています。

▲ページのトップに戻る

10月27日 港区立西麻布いきいきプラザ等複合施設の落成式

2013
2013
2013
2013

高齢者施設、子育て施設、保育園が併設されている港区立麻布いきいきブラザ等複合施設の落成式に参加させていただきました。
1、2階は保育園、3階は学童クラブ、子どもふれあいルーム、4、5階は高齢者のためのいきいきプラザ、6、7階は15戸の災害対策職員住宅になっています。
太陽光、地中熱、雨水を活用し環境に配慮した建物で、国産木材をふんだんに使用。各施設とも、利用者の立場できめ細やかに設備に配慮しています。
赤ちゃんから高齢者まで、地域の皆様のふれあい拠点としても大いに期待されています。

▲ページのトップに戻る

10月27日 港区立第一号の障がい者グループホーム開設

2013
2013

港区立の第1号の障害者グループホームが、平成26年11月1日に開設。地域の方々との内覧会に参加させていただきました。
JR田町駅の近くで、レインボーバスの乗り場も目の前という便利な立地です。定員は5名です。設計担当者は女性の方ということで、ナチュラルウッディなやわらかい雰囲気の明るい内装です。各居室の窓の外には緑が広がります。
障害者の地域社会における自立生活を支援するため、法律に基づいて整備された、港区初のグループホーム。安心して地域の中で、生活をしていただけるよう、今後もしっかりと推進してまいります。

▲ページのトップに戻る

10月26日 第20回日本トライアスロン選手権

2013
2013
2013
2013

お台場海浜公園にて開催された、第20回日本トライアスロン選手権に来賓として参加。競技を観戦させていただきました。
スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのトライアスロンコースになります。全国から選抜された女子55名と男子66名の選手たちが、全力で競い合います。港区の地元の港南小学校と港陽小学校の児童たちもボランティアとして参加してくれました。
港区議会としても2020年東京五輪のトライアスロン競技の会場に予定通り、お台場海浜公園で開催していただけるよう要望しているところです。ゲストとして室伏広治選手(アテネオリンピック ハンマー投げ金メダル)が来てくださり、子供たちも大喜びして交流をしていました。

▲ページのトップに戻る

10月25日 港区日韓親善協会の定期総会・懇親会

2013

港区では、約18,000人の外国人の内、3,500人が韓国の方々です。今回で3回目となる日韓親善協会の総会は、日韓両国の平和と親善を目的に開催。民間レベルの草の根交流をしています。
冒頭に武井港区長のご挨拶があり、参加の議員も一人づつご挨拶をさせていただきました。
懇親会では子育て、教育、男女平等、食文化など、さまざまなテーマで懇談することができました。

▲ページのトップに戻る

10月20日 武井雅昭港区長に要望書を提出しました。

2013

平成26年10月6日、台風18号による被害を想定し、港区初の避難勧告が発令されました。
その際、防災行政無線が聞きづらい、避難すべき対象地域が具体的にわからないなど、区民の皆さまからさまざまなご意見をいただきました。
そこで、町会・自治会との連携強化、情報伝達方法の確率などをとりまとめ、「災害時の避難勧告における通信手段の確保を求める要望書」を武井雅昭港区長に提出。早急な対応を求めました。

▲ページのトップに戻る

10月20日 東京都環境衛生事業協同組合との意見交換会

2013

東京都環境衛生事業協同組合に所属の16社の事業者の方々が港区議会を来訪。ご要望をお受けいたしました。
平成12年より清掃事業が都から区に移管されて12年が経過、雇用契約単価の増額、及び災害協定の締結、業務の円滑な運営についてなど、現状の課題点の改善に向けて意見交換を行いました。
環境衛生の整備は区民にとって重要であり、清掃事業は滞ることができません。
改善に向けて全力で取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

10月18日 にじのはし幼稚園「にじっこ運動会」

2013
2013

レインボー公園にて行われたにじのはし幼稚園の「にじっこ運動会(親子運動会)」に来賓として参加させていただきました。
秋晴れの中、園児さんたちは元気いっぱい!子どもたちの笑顔が広がる清々しい運動会となりました

▲ページのトップに戻る

10月15日 「ほのぼの作品展」を鑑賞

2013
2013

平成26年10月15日、16日の両日にわたって、区内の各地で「ほのぼの作品展」が開催され、お台場高齢者在宅センターでの作品展を鑑賞させていただきました。
60歳以上の区民の皆さまの力作が数多く展示され、生涯青春、いきいきと趣味を楽しんでるご様子がうかがえました。
会場で「お絵かきの会」の皆さまと記念撮影させていただきました。皆さまがいつまでもお元気で、ステキな笑顔の日々を過ごしていただけるよう頑張ってまいります。

▲ページのトップに戻る

10月11・12日 第33回 みなと区民まつり2014

2013
2013

みなと区民まつり実行委員会主催による「みなと区民まつり2014」が芝公園一帯で開催されました。
各会場、ブースではさまざまな催しが企画され、天候にも恵まれ賑やかな2日間となりました。
今回より区議会のブースも設置され、区議会の活動をわかりやすく紹介。区民の皆さまに、よりいっそう身近な港区議会を目指し、地域の活性化、課題解決にしっかりと取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

10月4日 第40回・かかし祭り

2013
2013

東麻布商店会主催のかかし祭りは、故郷を離れて働く人たちを励まし、一緒にお祭りを楽しみたいとの思いから、山形県のかかしまつりをモデルに始まりました。
今年で第40回。恒例のかかしコンクールやカラオケ大会、ゲームや飲食の屋台など、地域に根ざした催事です。
コンクールの結果は「アナかかし」が第一位になりました。

▲ページのトップに戻る

10月1日 「自転車シェアリング」オープニングセレモニー

2013
2013

虎ノ門ヒルズ・エントランスホールにて開催された「港区自転車シェアリング」のオープニングセレモニーに参加しました。
区内の環状2号線エリア、港南エリア、六本木エリア(アークヒルズ)の3ヶ所にサイクルポートを設置。放置自転車対策の一環として、また港区内の移動の利便性の向上を視野に入れた取り組みです。
都市の新たな移動手段として、世界各国で普及が進んでいる自転車シェアリング。今後も、区民の皆さまの暮らしに役立つ取り組みをしっかりと進めてまいります。

▲ページのトップに戻る

9月30日 決算特別委員会・民生費質疑

2013
2013

平成26年6月30日から開始された「みなと子ども相談ねっと」について質問をいたしました。
子ども側の立場に立った、子どもの支援が必要と、一貫して「子どもが自然に心の内を発信できるようにと」このメール相談事業を質問してきました。
今回のご答弁では運用開始から、9月15日現在で、寄せられた相談は全部で47件、やりとり回数は168回。小6が18人、小3が9人、中学生は8人。夏休み期間がありましたが、平日夜のアクセスが多く、友だち関係など、悩みに直面するその日に相談をするという傾向があるとのことでした。 また、時間が自由なので、複数回やりとりを重ねることで信頼関係が生まれ、深刻な問題を打ち明けたり、電話相談にもつながっていく、との報告もありました。 港区の子ども家庭支援センターでは、相談件数が大変に増えています。 電話や窓口相談では、日時が決まっているので、時間にしばられない「みなと子ども相談ねっと」は使い勝手も良く、今後も断続的にPRを続けていく必要があります。 子どもをとりまく環境は厳しさを増しています。相談や事故についての早期対応として拡充に努めてまいります。

▲ページのトップに戻る

9月24日 地域懇談会を開催

2013

地域の皆さまにお集まりいただき、懇談会を開催いたしました。
港区政の現況など、さまざまお話をさせていただいたところ、帰宅後に参加者の方よりご連絡をいただき「参加して良かった」とのご感想を伺いました。
貴重なお時間をさいていただき、足を運んでくださり、本当に嬉しく思います。また、準備のお手伝いをしてくださった皆さまにも心から感謝。地域のために、皆さまのために、元気いっぱい動いてまいります。

▲ページのトップに戻る

9月23日 芝公園保育園の危険箇所を視察、申し入れ

2013
2013

芝2丁目の芝公園保育園にて、平成26年3月に改築したことにより、正面玄関の位置が以前と変わり、歩道が狭く傾斜しているとのご報告を近隣の方よりいただきました。
さらに、自転車置き場の自転車の入り口にも面していてベビーカーを利用している方、足の弱い高齢者の方の通行が危険とのこと。さっそく現地を見てまいりました。
担当課に調べていただいたところ、もともと傾斜はあったようで、玄関の位置が変わったことで、不都合が発覚したようですが、改修を申し入れたところ、26年度内に予算を確保し、改修工事をしていただくことが決定しました。
いちばん身近な近隣の方のご報告があればこその改修工事です。今後も、皆さまに気軽にご要望等を届けていただけるよう、地域密着の活動を展開してまいります。

▲ページのトップに戻る

9月21日 秋の交通安全週間がスタート

2013
2013
2013
2013

厳しい残暑の中、秋の交通安全週間がスタートし、湾岸警察署と交通安全パレードに参加させていただきました。
フジTV階段下のプロムナード〜ガンダム前〜東京テレポートまでパレード。皆さま、大変にお疲れさまでした。
また9月24日には、役員の方々とご一緒に朝の呼びかけに参加させていただきました。

▲ページのトップに戻る

9月15日 台場防犯隊パトロール

2013
2013

地域の方々とともに、台場防犯隊パトロールに参加。異常なし!のパトロールでした。
引き続き、湾岸警察・防犯係の方から、危険ドラックの防止、母さん助けて詐欺に対する注意喚起などの啓発について等、最近のお話を伺いました。
詐欺についてはわかっているつもりでも、被害が後を絶ちません。繰り返し聞いていくことが大切であると、あらためて実感させていただきました。

▲ページのトップに戻る

9月13日 港区小中学生海外派遣(オーストラリア)報告会

2013
2013
2013

赤坂小学校で開催された、港区小中学生海外派遣(オーストラリア)報告会に、区民文教委員として参加いたしました。
派遣された小学生36名、中学生44人が、ホストファミリーや現地校での楽しい出来事、豊かなコミュニケーションについて等、伺わせていただきました。
引率の先生方も初めて、ビクトリア州教育省を訪問され、意見交換と現地校の視察をされたとのこと。現場の先生が日本以外の教育制度を視察されたのは、とても有意義であり、国際社会にふさわしい人材育成につながるよう、事業の継続と充実のために文教委員の一人として努めてまいります。

▲ページのトップに戻る

9月13日 東京ベイ・クリーンアップ大作戦

2013
2013

お台場海浜公園のゴミを一掃する活動「東京ベイ・クリーンアップ大作戦」にお掃除ボランティアとして参加しました。
港区議会においても、『2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のトライアスロン等の競技会場をお台場海浜公園とすることを求める要望書』を全議員一致で採択。このクリーンアップ大作戦には、武井港区長をはじめ多くの議員が参加し、オリンピックに向けて議会が団結したキャンペーン活動となりました。

▲ページのトップに戻る

9月10日 第49回「長寿を祝う集い」

2013

港区では、毎年9月に75歳以上の高齢者を対象に「長寿を祝う集い」を開催しています。会場となった都内ホテルでは、第一部式典、第二部では、歌謡ショーや踊りが披露され、お元気な高齢者の方々で活気にあふれていました。
平成26年では、19,700人の方が対象者です。区内人口が約22万人、約9%の方々が75歳以上となっています。
高齢者の皆さまが、元気にいきいきと暮らせるまちづくを、あらためて決意させていただくひとときでした。

▲ページのトップに戻る

9月9日 「お台場海浜公園の養浜工事」についての説明会

2013

お台場地域の会合にて、東京都港湾局・臨海開発部海上公園課の方より、お台場海浜公園の養浜工事について説明がありました。
砂浜の削れや陥没が顕著になり、白砂を追加して敷均しする工事を平成26年11月に行うというものです。
地域住民の代表の方から、砂を足すだけでは解消できず、ウッドデッキ下の砂の整備が必要なこと等、現場の意見が出され、担当者からは要望に沿った工事を行うとのお返事をいただきました。
問題解決までの推移をしっかりと見守り、地域の方、公園の来場者の方々が安心して過ごせるよう努めてまいります。

▲ページのトップに戻る

8月29日 麻布中高生プラザ等複合施設開所式

2013
2013
2013

乳幼児から高齢者まで多世代が利用できる大型保健福祉複合施設「麻布子ども中高生プラザ等複合施設」の開所式に参加させていただきました。(平成26年9月1日オープン)
この施設には、中高生プラザをはじめ、本村保育園、ありすいきいきプラザ(高齢者施設)が入っており、立地環境も良く、窓の外には有栖川公園の緑豊かな景色が広がっています。
CO2削減のために国産材をふんだんに使い、自然環境システムも導入。屋上には太陽光パネルを設置するなど、環境に配慮した建物です。
多くの区民の皆さまに活用していただきたい、ソフト・ハードとも充実した素晴らしい複合施設です。

▲ページのトップに戻る

8月27日 特別区議会講演会「地方法人税見直しの問題点と特別区の対応」

2013

飯田橋の東京区政会館にて行われた勉強会に参加してまいりました。
日本は東京一極集中型。東京都は基金もあり、子ども医療費の無料化も行い、裕福であると考えられていますが、膨大な行政需要を抱えていて、福祉の施設整備の為、土地を取得するに土地価が高く、単純に地方との比較はできません。
こういった背景を踏まえ、税収減の中、どの様な施策を実施していくかがさらに重要になっています。
税源配分については、しっかりと議論をし、納得のいく配分がなされるよう今後も研鑽しつつ注視してまいります。

▲ページのトップに戻る

8月25日・26日 地方自治体議員の北海道視察・研修

2013
2013
2013
2013

地方自治体議会議員を対象とした「決算審査のアプローチ」を学ぶ研修に参加してまいりました。
一日目は基礎編として、自治体の財政状況をどう判断するかを学習。「予算→執行→評価→改善」というサイクルではなく「評価→改善→計画(予算)→執行」であるべきこと等を学びました。
二日目は「決算カードの見方」「財政状況資料集」を学習。決算カードとは、各年度に実施した地方財政状況調査の集計結果に基づき、各都道府県・市町村ごとの普通会計歳入・歳出決算額、各種財政指標等の状況について取りまとめたもので、人口、産業構造、職員の状況から歳入の状況、性質別歳出の状況、経常収支比率、市町村税の状況、目的別歳出の状況、国保会計の状況、財政指標、積立金現在高、税徴収率などが1枚のカードに収められています。
総務省のホームページで公表されている「財政状況資料集」では、総括表、普通会計の状況、財政比較分析表、経常経費分析表、実質収支比率のかかる経年分析、実質公債費比率の構造、将来負担比率の構造などを把握することが出来ます。
港区は健全な財政状況にありますが、今後も継続的に健全性を保つため、二日間で学んだことを議会、委員会にてしっかりと活かしてまいります。
また、日本人が本格的に設計した初期洋風建築でもある北海道庁旧本庁舎を視察し、もいわ山、支笏湖なども巡りました。

▲ページのトップに戻る

8月24日 「歌う海賊団ッ!」夏休み特別公演

2013
2013

「歌う海賊団」によるアドベンチャーライブ「目指せ!宝島」の舞台を拝見させていただきました。
子どもを対象としていますが、大人も十分に楽しめる見応えのあるライブで、家庭教育のこと、親が笑顔を絶やさないことの大切さなど、感動的なメッセージを送ってくれました。
終了後、若いお父さまが娘さんと感動を分かち合っている会話を耳にして、ほのぼのとした気持ちに包まれました。

▲ページのトップに戻る

8月24日 船舶を使用した物資等の輸送訓練

2013
2013
2013
2013

港区では、平成26年3月に東京港湾局と「災害時等における一時係船施設の提供に関する協定」を締結。災害時の物資及び人員の輸送手段の一つとして、港区が船舶による輸送手段を確保するために、港湾局所管の一時係船施設を災害時などに利用できる協定です。
今回の訓練では、武井区長も参加。台場地区の陸路が途絶えたことを想定し、防災ジュニアチーム&そのOBが船から降ろされた物資をリヤカーに積みこみ運びました。
所属委員会でも、レイボーブリッジが通行止めになった場合の物資輸送、人材派遣の可否について質問させていただきました。このような訓練を行うことで、現場の課題もしっかりと見えてきます。地域事情に応じたきめ細かな防災体制の充実に向けて、今後もしっかりと取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

8月22・23日 お台場夏まつり

2013
2013
2013
2013

恒例のお台場夏まつりが、お台場レインボー公園にて開催されました。私も、地元自治会の一員として参加。模擬店のお手伝いをさせていただきました。
舞台では、演奏や合奏、ダンスなどさまざまな出し物もあり大盛況。イベントでは準備等も大変ですが、家族のようなご近所の皆さまとともに楽しく汗をかき、交流させていただく絶好の機会となっています。

▲ページのトップに戻る

8月19日 豊島区にてマンション管理問題ヒアリング

2013
2013

昨年7月に先駆的なマンション管理条例が施行された豊島区にて、二度目のヒアリングに行ってまいりました。
豊島区では平成22年度にマンションの状況調査を開始。マンション管理推進協議会も発足させ有識者や学識経験者、各委員により協議を重ね、町会加入に関しては、豊島区の町会連合会から区長に要望書が出され、区議会も条例制定の後押しをしていったことなどを伺いました。
マンション管理の問題、合意形成までの道のりには多くの課題がありますが、これからの街づくりには欠かせない視点です。議会でどう訴えるか、しっかりと学び、取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

8月14日 西久保八幡神社のお祭り

2013
2013

虎ノ門地区の西久保八幡神社のお祭りに行かせていただきました。神谷町の交差点では、氏子町会の一つの神谷町会の御神酒所と模擬店があり、ライブも開催。神社での盆踊りでは、風情ある趣に外国人の方もたくさん来場されていました。
お神酒所に詰めていらっしゃる関係者の方々、警備にあたっている地元消防団の皆さまにご挨拶させていいただく中、新しい出会いもあり、有意義に過ごすことができました。

▲ページのトップに戻る

8月8日 2014夏号・ちほぎみき子NEWS発行

夏のご挨拶をかねて「ちほびみき子NEWS」を発行さえていただきました。郵送の他、時間の許すかぎり、訪問させていただき手渡しにてお届けさせていただいています。
訪問先では、安全保障問題が話題になるなど、地域の皆さまの率直なお気持ちを聞かせていただきました。
これからも「小さな声を聴く力」をモットーに、皆さまの声を区政に届けてまいります。

▲ページのトップに戻る

8月7日 地方自体における地区防災の取り組みについて

2013
2013

参議院会館にて開催された、地域防災に関する勉強会に参加してまいりました。
総務省・消防庁よりヒアリングがあり、平成25年に消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律が施行され、市区町村において、地区防災計画を定めた地区について、地域防災の充実強化に取組み、実施していくと定められました。
勉強会を受け、さっそく担当地域の状況を調べたところ、小学校区域ごとに「地域防災協議会」が設立され、今までの流れの中で築き上げた地域性があり、内容はそれぞれでした。
国で法律が定まっても、それを我が地域に最も合ったやり方で展開しなければ、意味がありません。地域防災はとても重要な課題です。今後も、地域の皆様とご一緒に学びながらしっかりと進めてまいります。

▲ページのトップに戻る

7月24日 第19回新橋こいち祭

2013
2013

新橋こいち祭は、新橋地区の町会・自治会・商店街の有志がボランティアで地域の活性化を目指して企画されたお祭りで、今年で19回目を迎えました。
ステージのあるSL会場は大勢の方で賑わっていました。ゆかた美人コンテスト、縁日・伝承あそび、盆踊りなど催し物も盛りだくさんです。
その後、芝商店会の「芝プロレス祭り」にも立ち寄らせていただきました。恒例となったリング上でのご挨拶もさせていただき、地域の皆さまとの交流のひとときを過ごすことができました。

▲ページのトップに戻る

7月23日・24日 地域懇談会を開催

2013
2013

7月23日は神明いきいきプラザにて、24日は台場区民センターにて地域懇談会を開催させていただきました。
23日は「自転車シェアリングの取組みについて」港区の交通対策担当者より、24日は「お台場地域の防災対策について」港区の防犯対策担当者より、それぞれお話していただきました。
両日とも後半は私が、安全保障問題の法制の整備、区政報告などを約40分にわたってお話させていただきました。
安全保障問題については、とくに高齢者の方が不安に感じている方が多く、私からのご説明で「安心できました」との感想を伺うこともできました。
国際社会に対応していく中で、疑問や不安を感じることを少しでも解消していただけるよう、私自身が率先して学ぶとともに、訴えるべきことはしっかりと訴えてまいります。

▲ページのトップに戻る

7月23日 六本木7丁目道路の段差を改善

2013
2013

以前、地域の方からのご相談いただいた、六本木7丁目の私道と区道の接点の段差解消の工事が完了。さっそく視察に行ってまいりました。
15センチほどの段差がなくなり、手押し車や車椅子をご利用の方もミッドタウンへの大通りに出るのが楽になります。
数年前は、下水道の関係で改善が出来ないとのことで、あきらめていたのですが、あらためて下水道局にもご協力いただけるよう要請。しっかりと対応していただき実現しました。

▲ページのトップに戻る

7月22日 レインボー公園「夏休みラジオ体操」

2013
2013

港区教育委員会主催、お台場地域スポーツ振興運営協議会の主管で、レインボー公園「夏休みラジオ体操」が行われます。期間は、7月22日~8月1日まで。初日は、総勢140名の参加でした。爽やかな朝、公園で遊ぶ元気な子どもたちの声が響いていました。

▲ページのトップに戻る

7月17日 障がい児・者を支援する人のための研修会

障がい児・者を支援する人のための研修として「障がい者の就労支援」をテーマに開催されました。
講師は日本理科学工業(株)の会長である大山泰弘氏。「地域障がい者に導かれた企業理念」と題して講演がありました。
国内シェア30%のダストレスチョークメーカーで従業員79人中58人の知的障がい者を雇用されています。
雇用のきっかけは昭和35年、「卒業生に一生に一度、何日でもよいので働くという経験をさせてあげたい」という養護学校の先生の熱心な申し出があり、1週間だけ2人の実習を受け入れたことでした。
職員の方が自ら面倒を見るなど、昭和36年に雇用した方は15歳から68歳まで勤めたそうです。
工夫次第で企業の戦力になること、人の幸せのために頑張ればブーメランのように自分に返ってくることなど、83歳とは思えないお元気な様子で、障がい者雇用について語っていただきました。

▲ページのトップに戻る

7月13日 港日韓親善協会主催の日帰りバスハイク

2013
2013

平成23年に港日韓議員連盟を軸とした港日韓親善協会が発足。季節ごとに日本で定住されている韓国の方々との交流を深めています。
日帰りバスハイクでは、家族単位で総勢44名が参加。鶴ヶ岡八幡宮や横浜三溪園などをめぐりました。
身近な草の根の国際交流を大切に、日韓の良好な関係づくりに努めてまいります。

▲ページのトップに戻る

7月6日 レインボー公園の環境学習設備に関する申し入れ

2013
2013
2013
2013

お台場レインボー公園の環境学習設備である、風車について、作動しておらず電光表示パネルの劣化が激しいとの報告を受けておりました。
さっそく調べたところ、この設備は平成17年に国の補助金で風力発電設備、電光表示パネル、太陽光発電付あずまや、ハイブリッド発電灯、カリヨン時計塔が環境学習設備として設置されました。
しかし、その後の保守管理の予算がついておらず放置状態になっておりました。区に申し入れた結果「自然エネルギーの利用を普及、啓発するため」として、今後も区で管理をしっかりしていくということになりました。
装備された太陽光・風力で発電した電力は、カリヨン時計塔(オルゴール)や公園内の街路灯に利用されます。
今後も保守管理状況を見守り、議会においてお推移を質問してまいります。

▲ページのトップに戻る

7月6日 第29回港区音楽連盟主催の港区ジョイントコンサート

2013
2013

メルパルクホールにて開された「港区ジョイントコンサート」に行ってまいりました。
港区音楽連盟には、25団体が加盟し、合唱、交響楽、オーケストラ、和演奏など活躍されています。
コンサートでは、出演者の皆さまの熱意とレベルの高さに感動しつつ、素晴らしい音楽の世界を体験させていただきました。

▲ページのトップに戻る