6月25日 港区立麻布図書館開設記念式典

2013
2013

改装中の麻布図書館が平成26年7月1日にリニューアルオープン。それに先立ち、開設記念式典が行われました。外国人が多い地域特性を踏まえ、児童書も含め多様な外国語の資料を充実。様々なジャンルのCD・DVD等視聴覚資料も用意しています。
全国でも10台ほどといわれているブックシャワーを設置。本のゴミを取り除きアロマ効果もあります。
閲覧室、こどもフロアなどに国産木材をふんだんに使用。「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」認証施設でもあります。
また、若いお母様たちからの要望にお応えし、併設する子育支援施設と連携したおはなし会などのイベントを行い、親子で本にふれる機会を提供していきます。

▲ページのトップに戻る

6月19日 お台場内生活道路の交通安全対策

2013
2013

にじのはし幼稚園、お台場学園前の都道(港湾局)は、まっすぐな一本道のために、猛スピードで走る車がしばしは見受けられ、近隣住民から大事故が起こる前に安全対策を、とのお声をいただきました。
すぐに湾岸警察にお伝えし、注意喚起位の看板設置等をしていただきましたが、深夜に車が歩道に突っ込む事故が起きてしまいました。
再び湾岸警察に申し入れをし、港陽小学校、またPTAの保護者にもご協力いただき、上半期開催の通学路点検会議の議題にあげていただけることになりました。
通学路点検には、道路管理者も参加します。対策を講じていただけるよう、しっかりと訴えてまいります。

▲ページのトップに戻る

6月18日 平成26年 港区議会第2回定例会が開会

港区議会第2回定例会の会期日程は、平成26年6月18日から27日までの10日間。区民生活に直結した諸課題について提案、質疑してまいります。
第1日目は、運営委員会に引き続き、各会派による代表質問が行われました。古川議員の代表質問では、港区政策創造研究所について、高齢者の防犯対策について、子育て支援制度についてなど、10項目にわたる喫緊の課題について質問。2日目は、達下議員が、大規模災害時における支援物資供給の体制構築について、8020運動について、反転授業・学習についてなど4項目にわたって質問します。
各質問事項は、今定例会での議案として、各常任委員会に付託され、委員会審査となります

▲ページのトップに戻る

6月15日 第62回港区内消防団ポンプ操法大会

2013
2013

港区内の消防団によるポンプ操法大会が、芝公園にて開催され、8チームが見事なポンプ操法を披露してくれました。
今年の優勝は、芝公園消防団第7分団でした。
ポンプ操法のほか、芝消防団ラッパ隊も見事な演技を見せてくださいました。
休日返上で、練習を積み重ね、地域の安全安心を守る消防団。心から感謝を込めて、皆さまの健闘ぶりを拝見させていただきました。

▲ページのトップに戻る

6月14日 第9回・ふれ愛まつりだ、芝地区!

2013
2013
2013
2013

芝公園にて、「第9回ふれ愛まつりだ、芝地区!」が開催され、たくさんの人で賑わっていました。ふれ愛イベント、ふれ愛コンサート、ふれ愛マーケットと、それぞれのテーマのもと地域の方々が力を合わせて運営しているイベントです。
今年は、虎ノ門宣伝や事業部のカモ虎課長、港区社協のみーしゃちゃんなど、地域の宣伝や活性化に一役買っている“ゆるキャラ”がさらに充実していました。
芝地区の皆さまと心からあたたまるひと時を過ごさせていただきました。

▲ページのトップに戻る

6月13日 歩道陥没箇所の現地視察

歩道の陥没にヒールが入ってしまい怪我をされた方と、その現場を視察に行ってまいりました。
すぐに土木担当者に連絡したところ、早急に対応して下さり穴がふさがっておりました。
但し、歩道の真ん中にヒールのかかとがちょうど入るくらいの穴があいた原因が不明。この事例を真摯に受け止め、日常を細かく目配りしつつ、被害防止に努めてまいります。

▲ページのトップに戻る

6月13日 地域包括ケアシステムの勉強会

参議院議員会館にて開催された、地域包括ケアシステムの勉強会に参加しました。
講師は、世田谷記念病院副院長、酒向正春先生。長嶋茂雄氏やオシム氏のリハビリ治療をなさった名医です。
攻めのリハビリ(脳卒中で倒れた当日に歩かせる)と健康医療福祉都市構想など、大変に勉強になりました。
高齢化社会では、リハビリをしながら生きるケースも多くなってきます。総合病院のリハビリ科だけでは対応しきれない専門性があることを学ばせていただき、今後の区内の医療環境の充実に向けての指標ともなりました。

▲ページのトップに戻る

6月11日 障がい児・者を支援している人の研修

2013
2013

港区障害者福祉課による連続研修の第1回目は「ダウン症の娘と共に生きて」と題し、天才書家金澤翔子さんを育てた書家である母、泰子さんの講演が行われました。
娘の笑顔に救われたこと、普通学級で受け入れてもらえ、娘にも価値があるのだと初めてわかったこと、学校から預かれないと言われて退学したこと、10歳から般若心経を書かせて書の基礎を築き上げてきたこと。そして、IQが低くても違う知性が育まれ、書家として人々に感動を与えていることを語ってくださいました。
ご家族の方が希望を見いだし、人生を切り開いていくための学びの場として、全7回にわたって研修が行われます。

▲ページのトップに戻る

6月10日 港区初の精神障がい者グループホームの視察

2013
2013

就労継続支援B型事業所から徒歩1分、港区初となる精神障害者グループホームが開設されました。6部屋あり、居住期間は3年間。自立支援に向けて生活します。
精神障がいは、病院での治療や投薬治療と同等の比重で、生活の中での思いやりの環境にふれてこそ、治癒に向かっていくとができます。
より有効な障がい者支援の施策として、大いに期待されているグループホームです。

▲ページのトップに戻る

6月8日 お台場学園 港陽中学校・小学校の運動会

小雨模様の中、お台場学園、港陽中学校・小学校の運動会が開催されました。午前中は、にじのはし幼稚園の園児たちも一緒に参加。保護者や地域の皆さまがたくさん応援に来てくださいました。
昼からは雨もあがり、児童・生徒たちは元気いっぱいにそれぞれの演目に挑戦していました。
中でも中学三年生にとってはお台場学園での最後の運動会ということで、全力投球の姿が感動的でした。
この地域で大きくなった子どもたち。いつまでも、大好きなふるさとであってくれることを願いつつ、拝見させていただきました。

▲ページのトップに戻る

6月5日 みなと保健所「食生活講習会」視察

2013
2013

「カルシウムアップでみんな元気」をテーマに行われた、みなと保健所主催の食生活講習会がみなと保健所の2階の調理室で行われました。
まず、管理栄養士の方の調理実演の前に、カルシウムについて学びました。
カルシウムは食物から摂取していくことが需要とのことで、昨年の国民栄養調査によると、どの年代も十分にカルシウムが不足で、6歳から17歳までは、給食などで、毎日牛乳を飲むので、85%前後の実際量ですが、18歳から29歳になると男女とも58%から63%と、年代別で最も低い割合となっています。
一般の家庭のお台所と同じですので、特別な調理器具などは必要ないです。管理栄養士さんの調理実演の前にカルシウムについて学びます。
カルシウムの必要性は、周知のことですが、実際に食物からとっていくことが、とても重要です。
この事業も毎回参加者が多く、保育があるので若いお母さんもたくさん参加。食生活に関する意識が高いと職員の方が教えてくれました。

▲ページのトップに戻る

6月4日 虎ノ門ヒルズ竣工式・内覧会

2014
2013

6月11日のオープンに先駆けて行われた、虎ノ門ヒルズの竣工式及び内覧会に参加させていただきました。
未来の東京からやってきたという設定のキャラクター「トラのもん」が来場者をお出迎え。地上52階、地下5階、新虎通りの眺めも素晴らしく、特別展示の港区内全域のジオラマも実に見事でした。これから展開されていく未来の港区、「東京シャンゼリゼ」がどんな風になるのか、参加者の皆さんも期待に胸を膨らませていました。

▲ページのトップに戻る

6月1日 第13回「スペシャルオリンピックス日本・東京夏季地区大会」開会式

2013
2013

知的障がいのある人たちが、日頃の成果を競う、スペシャルオリンピックスが開催されました。
夏季地区大会として、東京・群馬・茨木・埼玉・千葉・神奈川から470名が港区スポーツセンターに集結。11月のナショナルゲーム福岡大会の先行大会でもあります。
自らの可能性に挑戦する選手たちの姿が印象的な大会となりました。

▲ページのトップに戻る

5月29日 議員勉強会・白金台の「自然教育園」の視察

2013
2013
2013
2013

港区は、平成26年3月に「港区生物多様地域戦略」を策定。議員勉強会として、国立科学博物館付属の自然教育園を視察しました。
南北朝の時代に白金長者がこの地に屋敷を構え、江戸時代は高松藩主・松平家の屋敷、戦争中は火薬庫、大正時代は白金御料地となり、戦後にはじめて国有地になった地帯で、一般の人が入ることがなかったため、今でも、自然がそのまま残されています。
その面積は6万坪(東京ドーム4.5個分)、多くの植物、生物が共存している、大都会に息づく「森」です。
名誉研究員・矢野亮先生に自然教育園の自然環境の変化、生物の現状と変化についてなどの講義を伺い、生物多様性は人間の生活に必要な環境などにも影響することを学ばせていただきました。
この視察を、今後の議員活動においてもしっかりと生かしてまいります。

▲ページのトップに戻る

5月26日 H26年度・芝消防団ポンプ操法大会

2014

芝公園での芝消防団ポンプ操法大会に来賓として参加をさせていただきました。
今年から、お台場だけのチーム「第8分団B」が初出場。6月の港区大会には、本日優勝の7分団と準優勝の6分団の出場が決定しました。
消防団の皆さまは、それぞれお仕事を持ちながら地域貢献活動をしてくださり、さらに操法大会に向けての練習を重ねています。
感謝の思いで、日頃の訓練の成果を拝見させていただきました。

▲ページのトップに戻る

5月24日 六本木ヒルズ自治会の10年記念パーティー

2013
2013

六本木ヒルズ49階にて「六本木ヒルズ自治会の10年記念パーティー」が開催されました。
会場では、街づくり完成までの感動的なDVDが上映され、この10年の歩み、自分たちの街は自分たちで守ろうとの、積極的な行動に頭が下がるお思いがいたしました。
それぞれの地域の特性を活かしたまちづくり。これからも地域の皆さまと心を合わせ、区議会での活動に尽力してまいります。

▲ページのトップに戻る

5月21日 第30回さわやか体育祭

2013
2013

田町の港区スポーツセンターにて、60歳以上の区民の皆さまを対象とした「さわやか体育祭」が開催されました。
毎年恒例となっている本村クラブの皆さんの開会ファンファーレ。ドラムを担当されたのは米寿のご婦人でした。
平成27年からは、新しい「パーク芝浦」で開催予定となり、田町での開催は30回目の節目を刻む本年が最後となりました。
いつまでも、いきいきと元気いっぱいに港区の高齢者の皆さまが体育祭に参加できるよう応援してまいります。

▲ページのトップに戻る

5月19日 平成26年度・港区小中学生海外派遣結団式

2013
2013

区民文教委員として、平成26年度の港区小中学生海外派遣結団式に参加をさせていただきました。
港区教育委員会では、我が国の文化や伝統を理解し、日本人としての誇りをもつ一方で、異なる文化に触れ、自国の文化との違いを認め、尊重する態度を培う国際理解教育の推進を図っています。
その一つとして、平成19年度より毎年夏休みに港区立小中学生の代表児童・生徒を海外に派遣しています。
平成26年は、小学生36名が7月、中学生が8月にオーストラリアにホームステイをし、現地校に通います。

▲ページのトップに戻る

5月18日 第一消防方面・港区合同総合水防訓練

2014
2014
2014

台風や豪雨などの水害に備えるための合同水防訓練が青山中学校にて行われました。
訓練には、港区役所職員、第一消防方面内閣消防署、消防団、東京メトロ、災害時支援ボランティアなどが参加。麻布十番付近で古川が越水、地下への浸水等の被害を想定し、各機関の職員及び消防団員が出場するという大規模な訓練でした。
訓練で行った浸水防止の工法は以下の通りです。

・地下鉄出入口浸水防止工法
・ダンボール・ゴミ袋活用工法
・ゲル水のう活用工法
・連結水のう活用工法
・三連はしご活用工法
・マンホール噴出防止工法
・パネル・単管活用
・鋼製釜段活用
・月の輪工法
・改良型積土のう工法

また、倒壊物の下敷きになった人、車中に閉じ込められた人を想定していの土砂災害救助活動も行われました。
年を重ねるごとに、利用する機材など水害防止のための技術も大きく前進している模様を拝見しました。

▲ページのトップに戻る

5月16日 港区における子どもと子育て家庭の生活と意識に関する調査についての学習会

2013
2013

平成26年2月にまとめられた「港区における子どもと子育て家庭の生活と意識に関する調査報告書」にもとづいた学習会に参加しました。
未就学児〜中学2年生の親、小学4年・中学2年の児童生徒を対象に昨年アンケート調査を行い、子どもを育てる家庭、子ども自身の生活と意識を明らかにし、今後の施策を検討していきます。
港区の特性として、乳幼児を育てる親達の所得が1000万〜2000万円世帯33.9%で一番多く、学歴が、父親大卒75.9%、母親大卒60.2%短大卒18.7%の合わせて約80%。今、日本全体では少子高齢化が深刻な社会問題となっていますが港区は高齢化ではありますが、区内人口は、子ども世代も含めてどの世代の人口も増える傾向にあります。
また、区に移住して2年未満が40%、1年未満が20%と、タワーマンションが増加し、若いご夫婦が新居を構えるケースが多くなっているようです。
今後は、港区内に長く居住を続ける事も課題のひとつ。今回、学ばせていただいたデータとともに、現場のお声をしっかりと受け止めながら、魅力ある港区へと発展していけるように尽力してまいります。

▲ページのトップに戻る

5月10日・11日 芝消防団・操法ポンプ練習見学

2014
2014
2014

芝消防団では、操法大会に向けての練習がたけなわです。大会は5月25日。8分団、7分団、2分団の練習の様子を見学させていただきました。
夜はお台場防犯パトロールを行い、湾岸警察・港区生活安全担当課も参加し、詐欺事件の撲滅啓発品を配布。詐欺の防止に「家族で豆(マメ)に連絡!」ということで、私もコーヒー豆(ドリップパック)をいただきました。

▲ページのトップに戻る

5月7日 港区教育研究会定期総会

2014

港区内の幼・小・中の合計41校、528名の教育者の皆様が一同に会し、港区教育研究会定期総会が港南小学校体育館にて行われました。
第一部の講演では、文部科学省高等教育局高等教育企画課長の浅田和伸氏を講師に、「これからの時代を生きる子ども達に中学校卒業までにどういう力を育てるべきなのか」の内容で行われました。
平成21〜23年の3年間、品川の区立小中一貫校・校長として勤務された経験をもとに、教育の重要性など貴重なお話を伺わせていただきました。
第二部では、事業の活動・会計報告などが行われ、港区の教育体制の充実をめざし、新年度の出発となった総会でした。

▲ページのトップに戻る

4月25日 区政報告会「うつ・自殺対策出前講座」

2013
2013

今年度最初の区政報告会を開催させていただきました。
前半はみなと保健所の健康推進課よりおいでいただき、区民の皆さま向けの「港区のうつ・自殺対策」についての講座をやっていただきました。
港区の現状やゲートキーパーについてなどわかりやすくお話いただきました。
港区でも現在、全庁上げての自殺対策が進められています。さらにニーズにあったどんな施策ができるのか、しっかり取り組んでまいりたいと思います。
後半は、区政報告をさせていただきました。日頃の区民相談がきっかけとなり、実現する施策がたくさんあります。
ご意見、ご要望を頂いた方々も参加してくださり、直接ご報告させていただき、さらに情報交換できる、大変に有意義な場となりました。
「直接の対話」をモットーに、これからも現場第一主義で区民の皆さまのお声を政策に反映してまいります。

▲ページのトップに戻る

4月9日 にじのはし幼稚園入園式

2014

すぐ近くに海、公園、どんぐりの並木道など素晴らしい環境に恵まれたにじのはし幼稚園の入園式に来賓として参加させていただきました。
心からの祝福とともに、おもいっきり遊びながら元気に育って欲しいと願いつつの入園式でした。

▲ページのトップに戻る

4月8日 御成門中学校入学式

2013
2013

133名、3クラスの新入生が誕生した、御成門中学校の入学式に来賓として参加させていただきました。新入生代表の誓いのことば「人生の土台を築く3年間となる中学」「僕たちが大学生になるころには東京オリンピックが開催されます。世界市民として成長していきます」とのご挨拶に感動。子どもたちにとってより良い公教育となるよう全力で頑張ってまいります!

▲ページのトップに戻る

4月6日 春の交通安全運動・パレード

2014
2014
2014

春の交通安全運動にお台場防犯パトロール隊員として、フジTV前から出発のパレードに参加させていただきました。
お隣の江東区から嘉悦高校ブランスバンドの力強い演奏が見事でした。
翌7日朝には、シーリア前交差点での交通安全運動に参加。ご挨拶させていただきました。

3月28日 都市計画審議会を傍聴

2014

3月29日に開通となった環状2号線は、東京オリンピック開催時の重要な道路にもなります。
「虎ノ門二丁目地区」都市計画案について審議された、都市計画審議会を傍聴させていただき、今後の方向性を確認してまいりました。
隣接の虎の門病院・国立印刷局・共同通信会館の一体が東京都の都市再生特別地区として整備される予定で、虎の門病院が国際水準の医療サービスを提供する病院になります。
また、昼間人口が大変に集中する場所であり、周辺地域をつなぐ交通ネットワークが強化され、歩行空間の確保を充実。防災対応能力を強化し、都内最高レベルの災害時治療・収容拠点が整備されます。
世界トップレベルの国際都市、港区の未来図が着々と具体化。区民の皆さまが誇りをもてる地域環境の充実をさらに進めてまいります。

▲ページのトップに戻る

3月27日 「きらきらプラザ新橋」オープン

2013
2013

港区の子育て施設の拡充が進展。きらきらプラザ新橋」の開所式が地域の代表の皆さまも多数参加されて行われました。
待機児童問題の解消を目指し、保育園も多く開所している中、この「きらきらプラザ新橋」は「3歳未満のお子様と保護者の遊び場(あっぴぃ新橋・子育て広場)」「乳幼児一時預かり(あっぴぃ新橋)」施設で、一時預かりの対象は、生後4ヶ月から小学校就学前までのお子様を最大5時間まで有料で預かります。
また、子どもだけではなく、地域の方と区との協働関係促進や地域の課題解決のための区民協働スペースを有しているのも特長です。
壁面緑化や屋上庭園など、都会にうるおいをもたらすように配慮もされています。
新橋駅から徒歩10分。オフィス街の環境ではありますが、明るく機能的な設備に、子育てを通じた地域交流の場としても大いに期待されています。

▲ページのトップに戻る

3月27日 港区の全庁あげての若者の自殺対策

2013
2013

みなと保健所において自殺予防講演会「若者の自殺の実態〜就活からみえる若者の意識」が開催され参加をさせていただきました。
港区では、都心部の特徴である、若年層の自殺が増加傾向にある中、全庁挙げての港区自殺対策推進検討委員会の委員長として、田中副区長の挨拶が冒頭にありました。
講演会の内容は、厳しさを増す就職活動の現状と、死へ追い込まれる若者たちの心理について探るもので、NPO法人自殺対策支援センターライフリンクの代表である清水康之氏を迎えて、切実な若者の実態を伺うことができました。
港区は自殺対策に大きく1歩を踏み出しています。この講演会では若い方も多く参加され、清水氏に対しての本音での質問も数多く出ていました。
若者たちの声をしっかりと受け止め、生きがいある社会の構築に向けて、しっかりと取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

3月16日 「芝公園保育園等複合施設」の開所式

2014
2014
2014
2014
2014

港区では待機児童解消を最重要課題として取り組みを進めている中、新たな保育園が開園しました。
保育定員が103名から150名に拡大。建物内には国産木材をふんだんに使い、2階3階のマド越しには隣接する芝公園の緑豊かな木々が映ります。
高速道路も近くにありますが、二重防音設備など都会とは思えない良好な環境が整った保育園が完成しました。今後も、子どもたちの健全な育成、子育て支援について、さらに充実した取り組みを目指してまいります。
◆写真は拡大して見る事ができます。

▲ページのトップに戻る

3月12日 道路の白線表示改善について三田警察へ陳情

2014

車線の白線が消えかかっている上、カーブ白線の表示がわかりづらく、正面衝突事故の危険性があるとのことをご相談をいただき、予め視察をしておりました芝浦1丁目交差点について、改善を求めるため三田警察へ行ってまいりました。
近隣ではみなとパークが建設中で、港湾関係の大型運搬トラックも頻繁に往来。また、2020年開催予定の東京オリンピックでは、トライアスロン競技会場に通じる道路です。
三田警察で、改善を検討してくださるとの返答をいただきました。今後の推移をしっかりと見守り「安全」の確保を実現させてまいります。

3月11日 障がい者雇用の促進・意見交換会

2014

障がい者の雇用をはじめユニバーサル就労を目指している区内事業者の方との意見交換会をさせていただきました。
若い方からのご相談も多い障がい者の雇用について、まだまだマッチングがスムーズにいかず、港区としても取り組みを進めているものの課題が多く残されているのが現実です。
企業の立場からの雇用促進のお話も伺うことができ、現場の状況をあらためて認識させていただきました。
前向きに、力強く、障がい者雇用の促進に向けてしっかりと取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

3月9日 虎ノ門2丁目バス停前視察

何らかの理由で歩道が陥没していることを、現地の方よりご相談を受け、さっそく視察に行ってまいりました。場所は虎ノ門2丁目バス停前(御成門方面行き)。雨天の際、大きな水たまりになり、道路が半分以上も水浸しになります。すでに陳情も出ているとのことでしたが、3月の年度末に間に合うように工事が進むことになりました。
虎ノ門周辺は、古い街並みのままで老朽化も充分に考えられます。今後も現地の状況やご相談をしっかりと受け止め、安全な街づくりに取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

3月8日 港区女性の健康づくり講演会

2013
2013

女性の健康づくり週間の取り組みとして行われた、港区女性の健康づくり講演会「からだケアで健康美人〜女性ホルモンの働きと身体のメカニズム」が開催され、参加させていただきました。
講師は総合母子保健センター愛育病院の助産師・石川紀子さん、助産師、セラピスト・谷本栄子さんのお二人です。
会場では託児所も設け、若いお母さんや未婚の若い女性たちも多数参加されていました。
第二部では、アロマオイルによるハンド&フットのトリートメントマッサージの講習も行われました。
女性の健康づくりにつきましては、議会においても度々質問させていただきましたが、今年は「女性の健康づくり」に特化した予算がつけられ、事業が展開されています。 また、今回の企画は若い女性の職員、保健師の方々がアイディアの提供に参加していたことも大きな特長です。
幅広い世代の「女性の健康づくり」について、今後も積極的に進めてまいります。

▲ページのトップに戻る

2月24日 区民文教委員会・視察

2014
2014
2014

平成26年度・定例会にて付託された案件に関しての視察に行ってまいりました。
北青山一丁目の国際交流センター、区内の指定喫煙所、浜松町の港区観光インフォメーションセンターを回りました。
今後、「港区を清潔できれいにする条例の一部改正」などの議案審議が進められていきます。

▲ページのトップに戻る

2月20日 お台場シーリア交差点付近、道路整備についての現地調査へ

2014

往来の盛んなお台場シーリア交差点の歩道と車道の縁端の高さが、車椅子での通行に障害があるとのこご相談を受けて現地へ。類似箇所が多い中で、ここは生活の要の交差点であり、高齢化による老々介護など車椅子で通行することが十分に考えられるところです。
現地の様子を見るととともに、縁端についての基準となる省令を調査したところ「車いす使用者が円滑に転回できる構造とする」といった内容がありました。
都の管轄となる道路ですが、区民の皆さまのご要望として区の土木担当課に、改善を都へ依頼するよう申し入れさせていただきました。
バリアフリーの観点から、現在の道路には改善すべきところが多々あります。
今後も地道な調査・研究を重ね、安全で住みやすい環境整備に取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

2月19日 平成26年第1回「港区議会定例会」が開会

2014

平成26年第1回「港区定例会」が開会いたしました。初日は、本会議場にて武井区長の所信表明演説が行われ、2日目は公明党議員団として、来年度予算を踏まえつつ区の諸課題について質問にたちました。 今定例会は「平成26年度予算特別委員会」も開かれ、区民に直結する年度予算の審議を行います。3月18日までの1ヶ月間、開催されます。

▲ページのトップに戻る

2月18日 「新橋はつらつ太陽」作品展

2014
2014
2014

障害者支援福祉施設「新橋はつらつ太陽」にて開催されている作品展・施設紹介に行ってまいりました。
支援を必要とされている方の入所施設で、地域交流も積極的に行っていますが、基本的には個人生活の場であり、このような展示会は施設内の様子を紹介する良い機会となっています。
利用者の方々の力作、美味しいと評判のパンの販売、イベントやプロジェクトの様子など、ほのぼのとした気持ちにさせていただいた催しでした。

▲ページのトップに戻る

2月17日 議会のペーパーレス化を強く要望

2014

ペーパーレス化は、人件費の削減、環境に配慮した取り組みであるとともに、ICTの活用の推進につながり、議会運営や日頃の活動の効率化、より充実した行政サービスへとつながる取り組みです。
この日、各委員会・定例会にて配布される資料のデータ化と議員へのタブレット貸与などを主な内容とした要望書を議長へ提出させていただきました。
すでに検討を開始していますが、運営委員会など議会の場で検討が進むよう、具体的な働かけを行ってまいります。

▲ページのトップに戻る

2月15日・16日 第1回お台場雪まつり

2014

二日間の日程で行われる予定の「第1回お台場雪まつり」でしたが、前日の記録的な大雪のため、予定を変更しての開催となりました。
初日は、若手のお父さんたちを中心に、福島県柳津町から運んだ雪で滑り台づくり。見事に完成しました。
二日目は、地域の方々も模擬店を出し、私自身も焼きそば販売を担当させていただきました。
柳津町からの郷土料理の振る舞いや物産販売なども大好評でした。
区民の皆さまとの協働で開催した「お台場雪まつり」。区内の各地で、それぞれの特徴を活かした協働事業が実現するよう、今後も積極的に取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

2月5日 港区小学校研究会

2014

区民文教委員として港区小学校研究会に参加させていただきました。「教育の港区」の目標達成と、子どもたちの健やかな育ちと学力向上のため、各研究部会の方々が一年間にわたって取り組んだ研究活動の成果発表の場です。
教育事業において、一人ひとりの子どの幸せのために、先生方のお力を充分に発揮していただけるよう教育環境のさらなる充実に取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

2月1日 お台場学園海苔づくり

2014
2014
2014

港区立お台場学園・港陽小学校の「海苔づくり」は全国的にも知られるようになり、去る1月23日には、東京都教育委員会からも表彰を受けた取り組みです。この日、最後の工程となる「海苔の摘み取り・海苔すき作業体験」が行われ、一緒に参加させていただきました。
東京湾に面した環境を利用し、授業の一環として行う作業ですが、最終工程は最も寒さが厳しい時期でもあります。
海苔を乾燥させる間、PTAの皆さまが作ってくださった海苔のお味噌汁で温まらせていただきました。学校、PTA、そして地域の皆さまの協力があっての取り組みを、今後もしっかりと継続していけるようにサポートしてまいります。

▲ページのトップに戻る

1月30日 港区手をつなぐ親の会の新年会

2014

東京都手をつなぐ親の会は全日本育成会と連携し、都内に各支部を持つ組織団体です。その一つである港区「手をつなぐ親の会」の新年会に参加させていただきました。
日頃、様々な課題の中でご苦労されているにも関わらず、明るく生き生きとした雰囲気の集いでありました。母として、人として力強く生きている素晴らしい方々との語らいの場を通じ、港区の障がい者福祉政策へのさらなる取り組みを決意させていただきました。

▲ページのトップに戻る

1月26日 港区・地域で共に生きる障害児障害者アート展

2014
2014
2014

六本木・国立新美術館1Fロビーにて開催中の「港区・地域で共に生きる障害児障害者アート展〜障害があってもなくてもみんな同じ地域で生きている 豊かな感性でいろんなことができる〜」に行かせていただきました。
重度障がい児の支援事業で指導なさっている平山淳子先生(臨床美術士)にお目にかかり、指導の現場でのお話を伺うことができました。
生き生きとした色使いや構図、障がい者の皆さまの力作に大いに感動させていただいた展示会でした。

▲ページのトップに戻る

1月24日 港区体育協会新年会

2014

区民の心身の健全な発達と明るく豊かな生活づくりを目的にさまざまななスポーツに関する事業を行っている港区体育協会の新年会に参加させていただきました。スポーツに携わる皆さま約200名が参加。活気あふれる集いとなりました。
平成26年は、スポーツセンターも新設されます。お台場でのオリンピック競技に向けてもスポーツ・文化都市港区として発展していけるよう、働いてまいります。

▲ページのトップに戻る

1月24日 平成25年度港区商店グランプリ表彰式

2014
2014
2014

港区商店街連合会新年賀詞交歓会の席上にて「平成25年度港区商店グランプリ表彰式」が行われました。このグランプリは、商店経営に意欲的かつ積極的に務めている区内商店を審査。平成25年度は10店舗が受賞されました。
また、たくさんの商店主の皆さまと新年のご挨拶、ならびに懇談をさせていただき、消費税の改定など課題を抱える「現場」の声をしっかりと伺わせていただきました。

▲ページのトップに戻る

1月24日 第60回文化財防火デー消防演習・芝増上寺

2013
2013

昭和30年に1月26日の「文化防災デー」が定められ、今年で60回目を迎えました。この時期で、毎年、全国各地の文化財のある地域で消防演習が行われ、今年は港区の芝・増上寺で開催されました。
日本の文化財は、木や紙などの可燃物で造られている物が多く、ひとたび火災になれば、大きな被害となることが予測されることから、実際に文化財を搬出する訓練も行われました。
一斉放水では、冬空に虹がかかる場面も。文化財を守る地道な運動が長年にわたって続けられていたことを体感させていただいた演習でした。

▲ページのトップに戻る

1月23日 逗子市議会「クラウド文書共有システム」行政視察

2013
2013

神奈川県逗子市議会ではタブレット端末を導入し「クラウド文書共有システム」によって行政や議会で使わ割れる膨大な資料のペーパーレス化を進めています。
議員発案で推進し、導入までの経緯についてお話を伺いました。議会、行政ともにペーパーレス化が実現し、コスト面はもとより、リアルタイムで情報を共有することによりさまざまな業務の効率化も推進。大変に参考になる視察となりました。

▲ページのトップに戻る

1月18日「人気の乳腺相談外来お奨めの最新乳がん予防法」講演会

2014
2014
2014

港区では、今年度から「女性の健康づくり」事業がスタート。第一弾の企画として、高輪区民センターにて愛育病院乳腺相談外来女性医師の内田靖子先生よる講演会が行われました。
乳がんは女性が罹るがんの一位。早期発見、早期治療によって生存率も高くなっています。この講演会では、若い女性も参加。触診のポイントなどの指導もありました。
食生活の欧米化いや女性の社会進出によるストレスなどによりがんの罹患率も増加している現代社会にあって、今まで以上に「女性の健康」をしっかりと守っていく取り組みを進めてまいります。

▲ページのトップに戻る

1月13日 港区「成人の日記念のつどい」

2014

新成人の門出を祝し、都内ホテルにて「成人の日記念のつどい」を開催。この日、1401人の新成人が誕生しました。第一部は式典、第二部は立食パーティ形式で語らいや交流のひとときとなりました。
若々しく晴れやかな会場の雰囲気に、若者たちがいきいきと、思う存分に力を発揮できる社会環境の構築の推進をあらためて決意させていただきました。

▲ページのトップに戻る

1月12日 区内道路整備要請に関する視察

2014
2014
2014

まちの声をしっかりと受け止めていく。その思いを行動にすべく、区民の皆さまからご要望いただいた道路状況の改善について、3箇所にわたって現地を視察させていただきました。
高齢化社会に伴い、ちょっとした段差でも危険箇所になりうるケースが多々あります。迅速に区の担当者にお伝えし、対策を考えてまいります。
◆写真は拡大して見る事ができます。

▲ページのトップに戻る

1月12日 北四国町会・芝西応寺町会新年会

2014

地域の皆さまとともに新年を寿ぐ行事、新年会の開催が相次いでいます。
多くの語らいや交流の中で、大島町ご出身の方との出会いがあり、昨年の被災時のご様子などを伺う機会もありました。
また、恒例となっているお楽しみ大会では、地域の皆さまとの親交を深めさせていただきたく、私自身も舞台に立たせていただきました。
区議会議員となって5年目の新年。現場の声、現実的な政策・施策の推進のためにも、まずは自ら地域の中に飛び込み、一つひとつ全量投球で取り組んでまいります。

▲ページのトップに戻る

1月12日 平成26年度芝消防団・始式

2013
2013

平成26年度芝消防団・始式が開催されました。席上、常日頃、私の所属する自治会でも大変お世話になっている消防団員のお二人が有料表彰を受賞。また、私の活動の中心地である第8分団の若い新団員の方々が紹介され、心踊る始式となりました。
この一年も消防団の皆さまが健康で無事故で任務に就けることを願いつつ参加させていただきました。

▲ページのトップに戻る

1月11日 全日本空手道一友会全国大会

2013
2013

全日本空手道一友会は1977年に設立され、空手道を通じて日本の将来を背負う若者を厳しく、そしてあたたかく導くことを目的としています。
綾瀬の東京武道館にて、早朝より「全日本空手道一友会 全国大会」が行われ、開会式では太田国土交通大臣からもご挨拶がありました。芝生も凍る寒い朝の集合でしたが、キリリと引き締まった選手たちの様子、演舞からの呼吸音にこちらも身が引き締まる思いに。空手道を通じて健全な若者たちが多く育つことを願う大会でした。

▲ページのトップに戻る

1月10日 港区新年あいさつ交歓会

2013
2013

港区内の町会長・自治会長をはじめ、区内の各種団体、企業、各国82の大使館およびEU欧州代表等、約900名の方が一堂に会し、本年の出発となる「港区新年あいさつ交歓会」が開催されました。
地域に深く関わる皆さまと希望あふれる語らいや交流の機会を持たせていただきました。
この一年、しっかりと関係各位の方々と連携をとりつつ、より充実した港区政を目指してまいります。

▲ページのトップに戻る

1月6日 平成26年開幕!本年も全力で闘ってまいります!

2014

港区議会公明党は、一丸となって区民の皆さまのご期待にお応えすべく、徹して“現場”に飛び込み、国と地方のネットワーク力を発揮し、政策実現に尽くしてまいります。
本年は特に消費税改定に伴う経済的な影響も大きな課題となっております。地域経済や中小企業に行き届く政策をはじめ、防災力の強化、街づくり、高齢者、障がい者の福祉の充実、女性・子育て・教育、すべての観点から一人ひとりを大切に包み支えあう社会の構築を目指し、「現場の声」をしっかりと区政に届けてまいります。

▲ページのトップに戻る