ちほぎみき子の実績

写真はクリックすると拡大されます。

平成28年(2016)

「歩行者専用信号機」が付きました。

2016.10.25

2016 ▶ 2016

10月25日に東麻布2丁目のちぃばす(港区コミニュティバス)のバス停「法務局前」の交差点4ヶ所に「歩行者専用信号機」(8個)をつけていただくことができました。
5月23日のブログに、近隣の方からご要望を頂き、取り組むと、掲載しました。
今回は申し入れから半年もかからず実現。麻布警察署につないでいただいた区役所の担当者もびっくりするほどのスピード実現でした。
信号機設置は、通常予算を上申し、検討され、コンピューター制御の調整があり、一年以上かかる見込み、と理解をしておりました。
特に子どもの交通事故は本当に耐えられません。日頃から心配されていた地域の方が、教えて下さって実現しました。地域のお声は本当に貴重だと改めて感じています。

道路の修理3ヶ所ができました。

2016.4.25

2016 2016

芝浦港南支所まちづくり担当の方から、「先日現場確認したお台場の道路の修理3ヶ所ができますので。。」とご連絡をいただいておりましたので、今朝一番で確認に行ってきました。車いすご利用の地域の方からご相談をいただき、4月上旬に一緒に見させていただいたところです。
港湾局道路となりますが、区と都の連携ですばやくご対応していただくことができました。特にお台場の交差点は、大型の物流トラックの走行も多い場所です。車道と歩道の段差の溝で、車いすの車輪がはまってしまって、身動きがとれなくなると本当に危ないです。
早速相談者の方にお知らせしたところ、「これで安心して通れます、早く修理していただけてよかった。ありがとう!」と笑顔でいっていただき、とてもうれしいです。
これからも小さな声もしっかり掬い上げて、安全・安心な生活を守るために頑張ってまいります。

お台場レインボー公園の一番奥の電灯を点灯していただきました。

2016.4.18

2016 2016

お台場レインボー公園高速道路側のバスケットゴールに近い一番奥の電灯のお知らせです。地元の方しかわからない場所かもしれませんが、ご了承ください。
お台場学園のPTAの方から、「レインボー公園の奥がやたらと暗い。海側歩道や公園内はLEDの電灯も増やしていただき、明るくなっているのになぜ…」「防犯面でも、また夕暮れに少し長く子どもたちがバスケをやったり、冬場の早朝のサッカーの朝練の時にも、暗いので明るくしてほしい」とご要望をいただきました。
早速現地調査をし、協働推進課街づくり担当に連絡しました。よくよく調べて頂くと、そこにあるNO.8とNo.9の電灯が、他の電灯を充実させたことの影響でつかなくなったのですが、だれも、そのことに気づいていなくて、放置されていることが判明しました。さすが、PTAの皆様の子ども達を守る目が行き届いていることに感心いたしました。この場所を夜間通行する人は、日常的には少ないのですが、いつおこるかわからない災害に対する防災の観点からも、常日頃より地元住民が気になる所を掌握し、安全かどうかをチェックすることは、とても大切なこと、と気付かせていただきました。
お声を寄せて頂いて、今は明るくなりました。本当にありがとうございました。

お台場学園港陽中学校屋上デッキが整備されました。

2016.3.9

2016 ▶ 2016

避難所となるお台場学園中学校屋上は一部備蓄倉庫になっていますが、ウッドデッキになっているため、20年を経て木材がボロボロに・・・。
昨年防災協議会メンバーが「宿泊防災訓練の下見」に行かれた時、「このままだと万が一の時、備蓄倉庫にたどりつくまでに木が壊れてケガをするので、早急になおしてほしい」とお声いただきました。すぐに現場を確認に行きました。
私が歩くと「ミシミシ・・・」と床が割れてきて、同行してくださった教頭先生も副校長先生も心配そうでした。
男性ならすっかり割れて、足がずっぽりのめり込みそうです。
大規模改修時に合わせて修理などと、教育委員会にはいわれておりましたが、「災害はいつ起こるかなんてわからない。大規模修繕の予算ではなく、現実の今の対応をお願いしたい!」と直談判いたしました。
そして年度内にやっていただく事ができました。また、オレンジ色の反射する明るいラインまで引いていただく事ができ、夜でもわかりやすくなりました。

ご要望が実現しました。

2016.3.9

2016 2016 ▶ 2016

地元の方がよく使用される港区芝の歩道橋(第一京浜道路)には横断歩道がありません。(横断歩道は離れたところに)
特に高齢者の方は、歩道橋の階段が大変なので、ゆっくり上り下りしますが、滑り止めゴムがめくれて、つまづきやすくなっていました。危ないので、歩道橋階段の滑り止めのゴムを直してほしいと、地元町会会員の方や近隣企業の方からご要望をいただいておりましたが、このたび工事が完了しました。第一京浜は国道ですので、区⇒国に働きかけてもらいました。早速、ご要望者の方にお知らせに伺いましたら、とても喜んでくださいました。

「広報みなと」2/1号 税金特集号の納税環境の整備「換価の猶予」について

 

2016

これには、公明党竹谷とし子参議院議員が「生活者に寄り添う政治の推進」として取り組んでこられたことが、反映されています。
今までは、国税の滞納により、差し押さえられた財産は、換価(公売)して滞納国税に充てられますが、その現行の換価の猶予は、税務署長の職権という、課税当局の裁量にゆだねられていました。しかし、これだと、滞納者の事情が、十分に考慮できない場合があり、誠実な意志があり、払いたいけれど払えないというまま差し押さえになり、生活や事業が継続できなくなってしまうということになってしまいます。もちろん、悪質な滞納の場合はしっかり対処しなければなりませんが。
そこで、平成26年度税制改正においては、滞納者の権利を守る為に納税環境の整備の一環として、滞納の早期段階での計画的な納付を確保するため、納税者の申請に基づく換価の猶予が創設されました。現行の猶予制度について使いやすくするとともに、的確な納付の履行を確保するため、所要の見直しが行われました。
また、平成27年度には、この換価の猶予が、地方税にまで拡大されるという特例ができました。
そして、この改正の地方税法がが平成28年度4月1日から施行されて、国税と同様に、換価の猶予が納税者の申告により行うことができるようになりました。
港区議会公明党も、平成26年度の決算特別委員会で、この公明党が国で取り組んだことの指摘をさせていただき、港区においても、この新しい換価の猶予の制度をしっかりと行き届かせ、誠実な意志のある特別区区民税滞納者の権利をまもるために、どのように取り組んでいくのか、とういことを質問させていただきました。
答弁は、「ご指摘の通りで、この制度の導入の趣旨にそって、誠実な意志のある滞納者が事業継続や生活の維持に支障をきたさないように配慮していくことが、何よりも大切と考えるので、このような考えにたって、港区においても、制度の検討を進めていく」という前向きなものでした。
また、悪質なケースもあるかもしれないが、様々な事情があるということから、生活や事業を続けられるよう、換価の猶予が申告できるという事を、しっかり説明してもらいたい。何のための制度改革かを考えて、利用する方々に、どこまで安心していただけるのか、この視点を大切にしていってもらいたい!と訴えさせていただき、区の広報掲載となりました。
生活者に寄り添う政治を推進する、ネットワーク政党としての働きで実現させていただきました。

みなと子ども相談ねっと

 

2016

港区において、子どもがメールで、匿名でも相談できる「みなと子ども相談ねっと」。繰り返し議会の場で提案・質問させていただき、実現しています。さらに利用しやすくしてほしいとも、繰り返し議会質問し、このたび港区立18校の小学校と10校の中学校のHPからも入ることができるよう、すべての小中学校において、トップページにリンクを貼っていただくことができました。
区と教育委員会や地域や警察など、大人側の支援体制は整えつつも、子どもはつらい時ほど、心配かけまいと、自然な気持ちをなかなか発することができない場合も多々あります。どこかで、だれかが気づいて、寄り添ってあげることが必要です。
https://minato.kodomosoudan.net/

平成27年(2015)

ご要望が実現しました。

2015.12.08

2015

区立お台場レインボー公園のにじのはし幼稚園側のベンチの足元の土盛補修工事が完了しました。
グランドゴルフを楽しむ皆様から、ご要望をいただいておりましたが、掘れ難い土質でご要望通りになりました。
最近の大雨でかなり土が削れて、雨上がりには足元がぐちゃぐちゃになっていましたが、これで安心です。
なんといっても公園は憩いの場所です。

ご要望が実現しました。

2015.11.06

2015 ▶ 2015

芝2丁目の輸入婦人服のお店の玄関前の道路がかなり劣化していて、お客様がよくつまづくので、修繕してほしい、と9月にご相談がありました。休業日の工事をご希望という事で、少し時間はかかりましたが、2週にわたっての日曜日工事が終了し、きれいな区道になりました。

ご要望が実現しました。

2015.9.14

2015 ▶ 2015

レインボー公園でグランドゴルフをされる方々からのご要望で、「休憩時に利用するベンチの足元の土が深く削れて、雨が水が溜まったままになっていて危険なので、土でうめてもらいたい」というお声いただいておりました。その土盛り工事が完了しました。新しい土は前の土より削れにくい性質のものを使ってくださったそうです。これからスポーツの秋です。これで安心してさらにグランドゴルフを快適に楽しむことができると、おっしゃっていただきました。喜んでいただけてよかったです。

歩道のがたつきの修理が完了しました。

2015.6.15

2015 2015

昨年よりご要望をいただいていた、2ヶ所(台場1-3-1、台場1-5-6)の歩道のがたつきの修理が終わりましたので、確認しました。東京都の港湾局所管の歩道ですので、今回も斉藤やすひろ都議と連携をらせていただき、各機関と調整をしていただきまして、修理が完了しました。両方とも、宅配便の車や在宅センターの送迎車など、業務車が毎日乗り上げる歩道の為、消耗・劣化の激しいがたつきがりあり、歩行者は危険で心配であるとのお声が寄せられていました。 これからも引き続き、安全安心な街づくりに力を入れてまいります。

都立芝公園アクアフィールドの舗道補修が完了しました。

2015.6.3

2015 2015

都立芝公園アクアフィールドの舗道補修が完了しました。都立公園ではありますが、当然のことながら、地元港区民の皆様が利用される公園です。つぎはぎのデコボコ舗道をきれいにしていただきました。緑多い都会のオアシスの都立芝公園、せっかくの公園散策は、安心して快適にくつろぎたいものです。
選挙戦の時に高齢者の方からいただいたご要望でした。都立公園ですので、公明党の斉藤やすひろ都議さんにお願いして、ネットワーク力で整備を実現させていただきました!!
「これで安心してお散歩できるわ。ありがとう。」と喜んでいただけました。

安全対策が実現しました。

2015.6.2

2015 ▶ 2015

昨年夏、お孫さんの保育園の送迎をされている方からのご相談で、芝公園2-7の芝公園保育園正面玄関前の狭い歩道がかなり傾いている件が、解決いたしました。新築の芝公園保育園でしたが、歩道の傾いてる側を正面玄関に設計したことにより、ベビーカーや送迎の高齢者や子どもたちが、傾きにより転びやすくなっていて、危険である、ということでした。新年度に予算をとって、整備していただくことができました。安心安全なまちづくりは重要な区の事業です。命を守る公明党として、引き続きしっかり取り組んでまいります。

シーリア3番街のUR住宅横の階段に手すりがつきました。

2015.4.28

2015 ▶ 2015

台場3番街(通称シーリア3番街)のUR都市機構の住宅横の階段に手すりを設置していただきました。地域の高齢者の方から、「階段が急で、登るのは大変だから、手すりをつけてほしい」とご要望を頂いておりました。UR都市機構から「年度が変わったらすぐに、予算を取ってやります」との返事をいただいていましたが、実現し皆様に大変に喜んでいただいております。

パーク芝浦のロビーの廊下に椅子を設置

2015.4.14

2015 ▶ 2015

朝一番で、「ちほぎさんにお願いしたパーク芝浦のロビー椅子がつけてありましたよ!早くやっていただいて、ありがとうございます!」とお喜びのお声で電話をいただきました。「オープンしたばかりですが、パーク芝浦の長ーいロビーの廊下に待ち合わせ等で少しの間座れる椅子を設置してもらいたい」という高齢者の方からのご要望でした。直ぐに管理課長さんに申し入れをさせていただきました。介護予防施設「ラクチャ」もあり、高齢者の方も利用する施設です。ご友人とここのロビーで待ち合わせしたり、少し休憩したりするときにご利用くださいませ。(写真では向きが逆になります)

アクアフィールド芝公園のトイレが改善されました。

2015.4.11

2015 ▶ 2015

アクアフィールド芝公園のトイレの改善について、直っている旨連絡をいただきましたので、早速現地を視察しました。男子トイレの和式が洋式に。女子トイレ3つは、和式2つと洋式1つでしたが、和式1つと洋式2つになり、また全部に手すりをつけて頂き、ご要望どおりに改修することができました。
敷地内のデコボコについても、予算をとるか検討するとのことでしたが、やって頂けることになりました。また一つ、皆様のお声が実現しました。

芝1丁目・将監橋の区道の歩道の修繕が完了しました。

2015.4.7

2015 ▶ 2015

かねてよりご相談をいただいていた、区道の芝1丁目・将監橋(ショウゲンバシ)の歩道の修繕が完了しました。この近くには「ふれあいの湯」という区営の公衆浴場があります。ご高齢の方は自宅にお風呂があっても、お掃除等が負担なので、このお風呂をよく利用されているようで、この道は高齢者の方も多く利用されていますが、歩道がでこぼこで、危ないとのご相談をいただいていました。港区の芝まちづくり担当に申し入れをして、すぐやっていただくことができました。建物の前は個人の敷地になりますので、まだ十分な完成とはいえませんが、できる所からやっていただけてよかったと、お喜びの声もいただきました。ちょっとした転倒がきっかけで、寝たきりになってしまう高齢者の方もいらっしゃいますので、十分に注意が必要です。これからも安全安心な街づくりに取り組んでまいります。

白線を引き直していただきました。

2015.3.20

2015 ▶ 2015

芝3丁目の八百新さん前の白線をきれいに引き直していただきました。
仮に貼ってあった白線がシールであったために、はがれてきて危ない、というもの。区道という事で、所管に連絡しましたが、区から工事業者の方に「修復を忘れずにやってほしい」といっていただきました。

車線を明確にするポールを設置しました。

2015.1.25

2015 ▶ 2015

平成26年3月にいただいたご相談が実現しました。
芝4丁目交差点から日の出方面に向かって走行する際、パーク芝浦や、新しい愛育病院方面に行くときの右折が、分離線がわかりにくく、対向車とぶつかりそうなので、もっと車線をわかりやすくしてほしい、というご相談をいただきました。
警察に要望をさせていただいたところ、道路の白線を明確にして、ポールをつけていただくことができました。
交差点近くの自動車ディーラー店からも、喜びの声が寄せられているとのご報告もいただきました。

お台場シーリア前歩道の樹木の整備

2014.11.13

2015 ▶ 2015

お台場シーリア前のT字路交差点付近にある樹木が茂り、見通しが悪く、右折ドライバーが横断者を見落としてしまう可能性があるとのご相談を受けました。
都道のため、港区から東京都に連絡、要請。すぐに対応があり、改善することができました。通学路にもなっている交差点です。
今後も、いち早くきめ細やかに、地域住民の皆さまのお声に応えてまいります。

平成26年(2014)

UR住宅エレベーターの安全対策

2014.7.5

2015 ▶ 2015

平成25年10月に、台場のUR住宅のエレベーター内で小学生とお母様が閉じ込めにあった件で、緊急通報ボタンの説明表示がなく、不十分であったとご指摘をいただきました。
暫定的に黄色いステープラーで説明表示の対応しておりましたが、きちんとはがれないように改善され、小学生低学年でも読めるように漢字にふり仮名をつけてもうらなど、保護者の皆様のご要望を申し入れをしました。
UR住宅の管理者は区でも都でもないので、対策が困難でしたが、UR住宅の問題に取り組んでいる国会議員と連携。細かく対応していただき実現することができました。
これからも、あらゆるネットワークを活用しながら、安全・安心な街づくりに取り組んでまいります。

私道(生活道路)の補修を確認

2014.4.17

2015 ▶ 2015

六本木の私道の陥没箇所について、生活道路でもあることから、近隣の学校からも要望があり、港区の担当に掛け合ったところ、地主の方も快く了解。港区の予算にて、陥没を補修することが出来ました。
安全・安心のまちづくりのために、これからも地域の皆様のお声をしっかりとお届けしてまいります。

お台場レインボーバスのバス停に屋根とベンチを設置しました。

2014.3.30

2015 ▶ 2015

お台場レインボーバスのバス停に屋根とベンチが設置されました。
お台場シャトルバス運営協議会でも地域のお声をまとめていただき、バス会社のご尽力によって実現することができました。
皆さまの声がまたひとつ実現!車体と同じ色合いで素敵です。さらに多くの方々がレインボーバスを利用して、人気の観光スポット・お台場をお楽しみいただけることを願いつつ、バス停の写真を撮らせていただきました。

平成25年(2013)

お台場レインボー公園に防犯灯6基の新設工事が完了

2013.12.29

2015 2015 2015 2015

この年末に港区立お台場レインボー公園に防犯灯6基の新設工事が完了しました。
通学路にもなっているレインボー公園の隣接付近が、夕方から夜間にかけて、暗くて防犯上不安かつ危険と、地域の多くの方の声が寄せられていました。
現実に数年前には不審者情報が何件かありました。今までは木を切って見通しをよくするなどの対応をしていただきましたが、夜間についてはPTAや自治会、防犯パトロール隊の関係者の方々とも相談し、防犯灯の増設、明るさUPを要望させていただきました。
芝浦港南地区総合支所が対応してくださいました。
ちょっと写真では見づらいかもしれませんが「お台場の地元皆様、前よりかなり明るくなっていますよ」
とはいっても夜間は十分注意をしていただきたいと思います。このようなことも、日頃からの地域の方々の通学路点検へのご協力、暑い日も寒い日も活動してくださる防犯パトロール隊の皆様の活動があればこその実現だと思っています。本当にありがとうございます。
引き続き地域の皆様のお声をよく伺い、安全・安心なまちづくりに取り組んでまいります。

慈恵大学病院前のちぃばすバス停にベンチを設置

2013.12.14

2015 2015

平成25年2月頃、慈恵大学病院を利用する区民の方からバス停前にベンチを設置できないだろうかとのご要望をいただきました。病院前ということで年配の方、また足腰の弱い方が多く利用されるバス停ですが、植栽を一部撤去しなくてはならず即座に区の土木係りに依頼。植栽は東京都の管轄、ベンチ設置工事は港区の管轄ということで、都との連携をとっていただきました。
その結果、年内に設置できるよう予算をつけていただくことができました。今回のご要望は、近藤区議のもとに寄せられ、私の担当地域ということですぐに引き継がせていただきました。KOMEIみなとのチーム力も大いに発揮された実績です。

実現しました!東京23区初の避難所における女性専用トイレ

 

2015 2015

公明党の「女性の視点からの防災対策」の政策の中で東京都23区で初めて、避難所における「女性専用トイレ」を港区公明党が推進させていただき、港区総合防災訓練(麻布会場)にてその実物の女性専用トイレが展示されました。
車椅子でも利用できるブースが一つ配置され、使用ごとに廃棄できる専用のビニール袋を採用した仕組みで、とても清潔感があります。スペースも広く、小さな子供と一緒に入ることもできます。
これからも、女性の視点・生活者の視点で政策を考え、実現に向けて取り組んでまいります。

芝3丁目の私道の整備が完了しました。

2013.9.29

2015 ▶ 2015 2015 ▶ 2015

芝3丁目地域の皆さまからご要望をいただいておりました、2ヶ所の私道について、道の凸凹、雨水の水はけなどの問題のあった危険な箇所の整備が完了いたしました。
この地域は、古い街並みが残り、高齢者の方々も多く住んでいらっしゃいます。古き良き景観は大切にしつつ、皆さまが安心して、安全に過ごしていただける街づくりにこれからも全力で取り組んでまいります。

芝公園入口の樹木をせん定しました。

2013.9.13

2015 ▶ 2015

御成門交差点の芝公園入口付近の樹木が生い茂り、時計塔が見づらいとの報告を利用者の方からご報告を受け、街づくり担当課長より東京都に連絡していだくよう依頼しました。
担当の方や東京都の迅速な対応で、即座に見づらくなった箇所の葉っぱを整理。ご報告をいただいた公園利用者の方から感謝の声をいただくことができました。

芝3丁目私道導整備

2013.9.1

港区公明が推進してきた芝3丁目私道整備の第二弾として、芝3-18及び33-26の整備工事が9月2日〜20日の予定で行われます。
私道整備の規定として、生活道路と変わりのない私道は公道と同じ扱いで整備にかかる費用を港区が全額負担。沿道にお住いの方々の合意形成がとりやすく、地主さんに負担をおかけせずに、より安全な生活道路へと整備させていただく施策です。

障がい者用「ヘルプカード」導入が10月より実現します。

 

2015 2015

「ヘルプカードの導入」については、平成22年第1回港区議会定例会で初めて取り上げて以来、この3年間、早期の導入を提案・要求してまいりました。
翌年(平成23年)には3・11東日本大震災が発生し甚大な被害とともに多くの方が被害にあいました。こうした不測の事態が発生した際、障がいのある方が助けを求める手段として、「ヘルプカード」の導入が何より必要です。
広域的な取り組みとして都議会公明党議員とも連携を図りながら共通の「ヘルプカードの導入」を推進。3年間にわたり、港区議会の場でも粘り強く要求した結果、いよいよ本年10月より「ヘルプカードの導入」が決定しました。
障がい者が安心して社会進出できる環境整備について、これからも様々な角度で重要性・必要性をしっかりと訴えてまいります。

母の“声”がきっかけに。障害保健福祉センターの送迎バス・乗降場所を増設

2013.8.28

2015 2015

70歳を超えるお母様が障がいを持つ娘さんがセンターに通うために、自宅から400メートルも離れた送迎バスの乗降場所まで、危険な道を通りながら車いすを押して行かなければならず、天候によっては送迎を諦めることもしばしば。5年もの間、無理をしながらの送迎を続けていました。
今年(平成25年)6月に、公明党員の方のご紹介でこの実情を伺い、直ちに区の担当者に申し入れさせていただきました。送迎バス会社に担当者より連絡、8月より自宅前からの乗降が可能になりました。
お母様より「5年後しの念願が叶った」と感謝の声をいただき、あらためて私たちの「小さな声を聴く力」の大切さを実感。党員の皆さまともしっかりと連携を取りつつ、お一人おひとりの課題解決に取り組んでまいります。
※8月30日の公明新聞に、実績についての記事が掲載されました。

障がい者用送迎バス乗降場所の増設

2013.7.30

障がい者施設利用のための送迎バスの乗降場所と自宅の距離が離れているために、車椅子での移動に大変ご苦労されているとのご相談を受け、即座に担当部署に話を申し入れました。
8月初旬よりご相談者様の希望の場所での乗降が可能になり、さらに他のルートでも困っている方がいないか調査の上、事業者との見直しを進めることになりました。
公明党が最重要としている「小さな声を聴く力」を、しっかりと日々実践してまいります。

防球ネット増設でお台場レインボー公園の安全性が向上!

2013.7.2

2015 2015

お台場レインボー公園のバスケットコートの柵について、高さが十分ではなく、交通量の多い道路にボールが飛び出す危険性がありました。「安心して利用できない」との声が多くあがっている実状を知り、即座に行政担当者のもとへ。相談者の皆様ととともに、必要性を強く訴えさせていただいた結果、従来の高さ1.8メートルから、縦5メートル、横9.5メートルの新しい防球ネットが増設されました。
これからも現場の声、地域の声をしっかりと受け止めながら、皆様が安心してご利用いただける環境整備を進めてまいります。

港区が日本初のビル風対策要綱を策定

2013.4.24

港区が全国初の「ビル風対策要綱」を発表しました。 高層ビルの多い港区ではビル風対策で植えられた植栽が根付かず、倒れたり、枯れてしまう現状があり、ビル風対策の効果が半減しています。
昨年の予算特別委員会で、六本木の高層ビル街や湾岸地域やお台場の海風・ビル風で危険を感じる住民の方々のお声をお届けし、植栽による防風対策について質問させていただきましたが、この度港区で日本初となる港区ビル風対策要綱が策定されることになりました。
7月1日からの施行で、延べ5万㎡以上の新築建物を対象に防風植栽についての計画、施工段階から植栽の定着まで報告を求めるという内容です。

浜松町の区道を整備しました。

2013.4.17

2015 ▶ 2015 2015 ▶ 2015

「雨が降ると水が溜まってしまう」とのご指摘、修繕のご要望がございました。
速やかに現地調査を行い、芝総合支所所管の街づくり課・土木担当に現状をお伝えしたところ、早速、対応していただきました。
様々な方が出入りで使用される玄関口のため、安全性、利便性の観点から早急に修繕していただくことができました。

区のホームページでPM2.5の観測データを情報提供

2013.4.1

2015

健康被害が心配される超微粒子物質「PM2.5」の測定について、第一回定例会の代表質問の場で区民の健康を守るとの観点からPM2.5に関する啓発周知の必要性を訴えました。
東京都ではすでに他県に先駆け大気汚染対策としてPM2.5の自動測定機を設置を予定しています。港区でも平成23年に台場の区立レインボー公園と平成24年に高輪の都有地に設置がされています。
PM2.5の濃度の上昇については区民にとっても心配なことであり、関心も集まる事象です。そこで、区民に対し迅速で詳細な情報提供のあり方、PM2.5に対処する正確な知識の提供について、港区として今後どのように取り組まれるのかを武井区長に質問しました。
港区としては4月から区のホームページ上で一時間ごとに更新した観測データーを情報提供していくことになりました。

お台場海浜公園駅入口下の段差を改善

 

2015 ▶ 2015

台場地域の方から、ゆりかもめのお台場海浜公園駅入口階段下に「段差」があり、時々、その段差につまずいている人を見かけるとの通報がありました。段差解消など改善策を講じることが出来ないかとの要望でしたので、早速、現地調査をしてまいりました。すると写真のように認識しづらいわずかな「段差」があり、とても危険だと直感し、芝浦港南総合支所に改善の申し入れを行いました。この施設は東京都や港区や住宅都市整備公団など、敷地によって管轄がわかれていますので、エリア内での課題を検討するために、合同で五番街協議会が組織されています。今回の問題も、五番街協議会において検討していただきました。その結果、視覚障害者の方々のために段差をなくすことはできないので、段差を認識しやすくする方策をとることになり、段差部分に識別しやすくするための黄色いテープを貼っていただきました。これで歩行者の転倒などの危険防止につながると思います。地域のお声で街の安全が保たれます。これからも、たくさんのお声をよせていただけるようがんばります。

レインボー公園の遊具の安全対策

 

2015 ▶ 2015

区立レインボー公園の複合遊具「うんてい」の下にゴムチップ舗装が施されました。先日、小さなお子さんが「うんてい」から硬い土の地面に落下して大ケガをされました。その一報を受けた私は、現地調査を行い、区の担当者に改善を要望いたしました。区では、これまで「コンクリートやアスファルトなどの硬い設置面に設置してはならない」との国の指針に沿っているので、特別な安全対策は行ってこなかったとの説明でしたが、より安全性を向上させるために、今回、区独自で工事を行っていただきました。子どもたちが元気に遊ぶ姿がまぶしく目に映りました。

小さな子供の安全対策

 

2015

□平成24年5月中旬、小さなお子さんが、お台場3番街のレストラン横の階段の塀を登ってしまって危ないので何か安全対策を、とのご要望を地域の方からいただきました。早速、現地を調査し、東京都住宅供給公社にご相談をいたしました。その結果、子供たちに危険を知らせる警告看板を3ヶ所に設置していただきました。

緊急配信メールの配信開始

 

2015

港区内の幼稚園、小学校、中学校、保育園について「災害時の緊急時・災害時の緊急メール配信」が始まりました。これは、昨年の東日本大震災の時、学校などと保護者が電話やメールがつながらず大変な混乱と心配な事態になったことを教訓に、平成23年の第1回港区議会定例区議会にて初当選後の初質問で、私が取り上げたことが実現したものです。

被災地・十三浜にポスト設置

年月日

2015

平成23年年末に私と同じ地域に住む婦人からご要望をいただきました。彼女は何度も被災地石巻市にある十三浜という小さな町の支援に訪れ、十三浜の復興支援に取り組む中心者の方から「郵便ポストをつけてほしい」との要望を聞いておりました。現地では、ポストも津波で流されて、一番近いポストは15キロ先という状況でした。被災された高齢者の皆さんにとって親戚・知人からのお便りが何よりも励みとなります。早速、面識のある石巻市議会公明党の渡辺拓朗議員と連係を取り、渡辺議員が粘り強く交渉を重ねた結果、仮設住宅の集落に待望のポストが設置されました。

神谷町駅前の焼き鳥「日高」さん前の区道整備

 

2015

神谷町にある創業40年の焼「日高」さんから、昨年末、地震でダメージを受けたお店の改装にあたり、お店の前の区道が工事と共に陥没してしまう事態となり相談を受けました。早速、区役所の区道工事担当者に現地を見ていただきました。ご近所のライフラインにも影響があるとのことで、至急の取り扱いで、年内に工事を行い整備してくださいました。

新橋3丁目の区道整備について

 

2015 ▶ 2015

新橋駅前の新橋3丁目、飲食店がひしめく一角の韓国料理のお店から「新装オープンを前に、玄関前に溜まった水がいつまでもひかない。足元は危険だし、溜まり水の悪臭もするので困っている。」とのご相談を受けました。早速、港区の街づくり担当および土木担当に連絡をさせていただきました。道路の陥没と思ったら、下水道に問題があることが判明。港区の担当者から、すぐに下水道局と連携をとってくださいました。工事は完了し悪臭も解消されました。

台場3番街トミンタワーマンション前の芝生の張り替え

 

2015 ▶ 2015

お台場の街ができて16年間になりますが、マンション前の芝生が一度も張り替えがなされずに、でこぼこの状態でした。平成23年6月に住民の方から芝生張り替えのご要望をいただいていました。都議会公明党の松葉都議と栗林都議にご尽力をいただき、東京都住宅供給公社管理のお台場の三番街トミンタワーの芝生の張り替えが11月からはじまりました。

高層マンションの強風対策・手すり設置

 

2015

お台場3番街の高層マンション前はビル風や海風が重なり、季節によって、突風にもなりとても危険な場所があります。住民の方々から、「こんな風ではとてもマンションの玄関にたどりつけない。」とのことで、一時的につかまる手すりの設置のご要望がでていました。早速、都の住宅供給公社と交渉し、トミンタワー3番街の建物のエントランス前に強風対策の手すりの設置が実現いたしました。

芝1丁目のカーブミラーと標識の設置

 

2015

港区の芝1丁目の住宅街で、車が曲がりきれずに、カーブミラーと標識を倒してしまいましたが、その後、なぜか1週間くらい放置されたままで、大変、危険であるとのご指摘をいただきました。早速、現地調査に赴き、区役所の担当の課に問い合わせしたところ、標識は警察の管轄、カーブミラーは役所の管轄と分かれているため、連携がスムーズにとれていなかったようでした。警察にご近所の皆様のご要望をお伝えして、区役所の担当の方にも現地調査をいていただくようお願いしたところ、すぐに設置していただきました。

お台場海浜公園のテント使用の立札を修正

 

2015 ▶ 2015

お台場ビーチの芝生に「テント使用禁止」の看板がありますが、小さなお子様を持つ若い父親から「テント禁止ってあるけど、熱中症対策のためにも日よけとして、2人までくらいのテントは使用させてもらいたい」とのご要望がよせられました。早速お台場海浜公園の管理センターに問い合わせたところ、日よけのために使う小さなテントは使用してもよい」とのご見解でした。早速、看板を訂正し、誤解のないよう「日よけのための2人用までのテント使用は可」との趣旨を書き入れていただきました。

保育園や児童館に災害時用ヘルメットの装備

 

2015

平成23年第2回定例会において、子どもたちを預ける際に、保護者の皆さんが安心していただけるよう、きめ細かい防災訓練の実施や、発災時の職員役割分担の明確化を求めました。また、港区内の保育園に、災害時に園児の頭部を守るための防災ずきんなどの備えがないことを指摘いたしました。その結果、区内の保育園、児童館に災害時用ヘルメットが備え置かれることになりました。

芝3丁目の私道整備

 

2015 ▶ 2015

芝3丁目の一部の私道整備の工事が行われました。港区では港区議会公明党が推進した実績で、私道整備について、区道と同じ扱いで工事費用を区が全額負担する仕組みが出来上がっています。私道は、その道路沿いに何人もの地権者さんがいますので、様々なご意見が出た時には、道路工事料金が全額助成の方が、話がまとまりやすくなることもあります。芝3丁目は、昭和時代の古い町並み、道路の中の水道管なども老朽化しています。地域住民の方からご相談を一年前に受け、平成23年度の予算をつけて頂きました。このほど工事が完了し、より安全な生活道路になりました。

アパート地下のゴミ不法投棄問題解決

 

2015

アパート地下のゴミ置き場の不法投棄問題について、何度も自治会長さんが管理会社に連絡をとっいただき、区役所方も、清掃会社の方も一緒になって悩んでくださり解決の道筋を模索しておりましたが、このほど関係者の皆様の英知を結集しゴミを片付けることができました。再び不法投棄をされないように強い警告の張り紙をしたり、自治会役員で当番を決めて巡回したり、不法投棄に対して厳しく監視していくことになりました。これからも、不法投棄撲滅に向けていろいろなアイデアを考えていきたいと思います。

pagetop